アプリケーションノート 3379

マキシムのドライバ/コンパレータ/ロード(DCL)とパラメトリックメジャーメントユニット(PMU)チップセットの使用で内蔵機能が外付けリレーを不要化


要約: 以下のアプリケーションノートでは、マキシムの新しいPMUおよびDCL製品の機能について説明し、2mA以下の特定のPMU出力電流条件や、2mA~50mAの出力電流条件を満たすために各製品の特性を利用します。

はじめに

従来の自動半導体テストでは、DCLおよびPMUは、「select relays (リレーの選択)」を使用してDUT (テスト対象デバイス)に交互に接続されます。

このアプリケーションノートでは、Maxim DCL (MAX9961/62、MAX9967/68)とPMU (MAX9949/50、MAX9951/52)の独自の内蔵機能について説明します。これらのデバイスによって、ユーザはメカ式リレー関連のコストやボード面積を削減することができます。二次的な利点は、DCLのドライバ部品を活用することによって、低電流PMUの従来の電流ドライブ能力を強化することができる点です。

デバイスの説明

MAX9961/62/67/68は、自動テスト装置(ATE)用のデュアル、低電力、高速、ピンエレクトロニクスDCL ICです。各チャネルは、500Mbpsドライバ、ウィンドウコンパレータ、ダイナミッククランプ、およびアクティブロード(MAX9961/62 = 2mA max、MAX9967/68 = 35mA max)を備えています。

MAX9949/50は、ATEその他の機器向けのデュアルPMUです。小型サイズ、広いフォース/測定範囲、および高い精度によって、MAX9949~50は端子当りまたはサイト当り1個のPMUが必要なテスタに最適です。MAX9949/50は、外部バッファドライブ機能を内蔵し、この機能を使って、ユーザのアプリケーションに応じて、PMUの電圧および電流範囲を拡大することができます。

アプリケーション例

MAX9961/62/67/68の内蔵フォース/検出や低リーク機能、およびMAX9949/50の外部バッファサポートによって、すべての機能が連動して外付け選択リレーが不要となります。

回路の説明

2mA以下の出力電流(Iout)が必要なPMUアプリケーション
このモードの場合、PMUはその内部範囲選択スイッチを使用してフォース/測定を行うように設定されます。ドライバは、低リークモードに置かれ、DUTへのPMU接続はDCLのフォース端子から行われます(図1)。

Figure 1.
図1.

2mAより大きく50mAより小さいIout (2mA < Iout < 50mA)が必要なPMUアプリケーション
このモードの場合、PMUはその外部範囲選択機能を使用してフォース/測定を行うように設定されています。このドライバリファレンス入力はPMUのRcom出力に接続されます。PMUの電流検出アンプは、DCLのフォース/検出端子の間の電圧を測定します。この電圧は、45Ωドライバ出力抵抗にわたるDUT電流を表します(図2)。

Figure 2.
図2.

結論

マキシムのDCLとPMU、およびアナログスイッチは、コストを追加し基板スペースを取るメカ式リレーを不要にします。設計に低電流PMUを使用された場合、DCLを使用すると電流駆動能力が増大します。

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 3379:
アプリケーションノート 3379,AN3379, AN 3379, APP3379, Appnote3379, Appnote 3379