アプリケーションノート 3284

ディジタルポテンショメータによる電圧-抵抗変換


要約: 一対の同一ディジタルポテンショメータは電圧-抵抗コンバータを形成します。

産業用制御や可変バイアス回路で時々必要になる電圧-抵抗変換器は、実現するのに苦労する場合があります。図1の単純なアプローチでは、2個のディジタルポテンショメータを使用することで、この変換器を作っています。

図1. この回路は、同一のディジタルポテンショメータを2つ使うことによって電圧-抵抗変換を実現します。
図1. この回路は、同一のディジタルポテンショメータを2つ使うことによって電圧-抵抗変換を実現します。

ディジタルポテンショメータ(U1)とコンパレータ(U3)がディジタル式トラックアンドホールド回路を構成しており、U1が内部の電圧ディバイダを調節してVWIPERがVINに追従するようにします。したがってワイパ抵抗がVINに比例することになります。ディジタルポテンショメータ(U1およびU2)のディジタル入力は互いに接続されているため、U2のワイパ位置はU1と同じであり、対応する端子間の抵抗は等しくなります。こうして、出力抵抗値がVINに比例することになり、電圧-抵抗変換の要件が満たされます。

ディジタル式トラックアンドホールド動作は以下のようになります。VINに追従するため、クロックパルスが到着するたびにディジタルポテンショメータU1のワイパ(センタータップ)が上下に移動します。コンパレータU3がアナログ入力(VIN)をワイパ電圧(VWIPER)と比較します。もしVIN > VWIPERならコンパレータはロジックハイを出力し、その結果ワイパ位置が上昇して、VWIPERの値が増大します。VWIPERは、VINより大きくなるまで増大し続けます。そしてコンパレータがトグルし、ワイパ位置を下げ始めます。各クロックサイクルにおいて、ワイパは必要に応じて上または下に移動してVINに追従します。分圧器用の基準入力(VHとVL)で入力電圧範囲を設定します。VINの範囲が0V~5VDCであれば、VL = GND、VH = 5VDCに設定します。

U1とU2は同一でありディジタル入力が接続されているため、ワイパ位置が一致しています。LOCK入力にロジックローを入力すると、出力抵抗値がVINと一緒に変化します。また、ロジックハイを入力すると、抵抗値がいつまでもホールドされます。

LOCKを恒久的にグランドに接続することも考えられますが、その場合たとえVINが一定であっても、出力抵抗値は2つの連続した状態の間をトグルし続けることになります。たとえば、ポテンショメータが10kΩで、ワイパが5kΩにセットされている場合、出力抵抗値はクロックサイクルごとに5kΩと5.3125kΩの間をトグルすることになります。必要なら、出力ワイパにコンデンサを接続することで、そうした作用を除去することができます。100Hz~10kHzのクロック周波数が適当です。

出力抵抗値はVINに合わせて瞬時に変化するためではなく、何クロックサイクルかかけて最終的な値に到達します。クロックサイクルの数(最大32)は、最初のワイパ位置と入力電圧に依存します。

より高い分解能が必要な場合は、図1に示した5ビットのモデルの代わりに、6または8ビットのディジタルポテンショメータを使用してください。ただし、MAX5160はパワーアップリセット機能を備えており、ワイパ位置が中央にセットされるという点に注意してください。それによって、2つのディジタルポテンショメータが同じ抵抗値に同期できるわけです。起動時の出力抵抗値が分かっているディジタルポテンショメータを選んでください。

Electronic Design誌の2004年6月7日号に、この設計アイデアが掲載されました。

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 3284:
アプリケーションノート 3284,AN3284, AN 3284, APP3284, Appnote3284, Appnote 3284