アプリケーションノート 3268

DS75 2線式通信のSDAホールドタイムの解説


要約: DS75の2線式タイミング仕様は、I²Cと異なります。このアプリケーションノートでは、その違いを詳しく解説します。SDAは、DS75によって内部的に保持されません。SCLの立下りエッジ完了後まで、SDAを保持するのはバスマスタの責任です。

はじめに

このアプリケーションノートでは、DS75通信タイミングとI²C仕様の違いを詳しく解説します。I²C仕様では、SCLおよびSDAラインは同時に遷移することが許容されています。なぜならば、SDAはスレーブデバイスによって少なくとも300ns間、内部的に遅延するからです。DS75は、SCLを考慮してSDA信号を遅延しないので、したがって、STARTまたはSTOP動作の誤った生成を防ぐために、SCLがロジックローに完全に遷移するまで、SDAはマスターによって適切なロジック状態に保持されなければなりません。

適切なタイミング

DS75のSDAラインは、SCLを考慮する内部遅延を持っていません。この理由により、SDAのロジックレベルは、データを書き込む場合には、SCLがロジックローに遷移が完了するまで、DS75の外部で保持されなければなりません。2線式バス上にロジック「1」を書く場合には、SDAの遷移が保証されたロジックハイスレッショルドVIH (0.7 × VDD最小値)以下になる前に、SCLは保証されたロジックロースレッショルドVIL (0.3 × VDD最大値)に到達しなければなりません。ロジック「0」を書く場合には、SDAの遷移がVIL以上になる前に、SCLはVILに到達しなければなりません。START条件を生成する場合には、SCLの遷移がVIH以下になる前に、SDAはVILに到達しなければなりません。STOP条件を生成する場合には、SCLの遷移がVIH以下になる前に、SDAはVIHに到達しなければなりません。VILおよび VIHの両方のレベルとも、各デバイスで量産テストが行われています。これは、デバイスの製造許容誤差を含む、全電圧および全温度範囲において、このタイミングを使った正常な動作を保証します。

図 1.
図 1.

図 2.
図 2.

まとめ

DS75タイミングとI²C仕様には違いがあります。DS75は、SCLを考慮したSDAの内部遅延がありません。したがって、システムのホストは、SCLの立下りエッジの間は、START条件と解釈されるロジック「1」、および、STOP条件と解釈されるロジック「0」を防止するためにSDA (のロジックレベル)を維持することが要求されます。


サンプル
DS75 無料サンプル
次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 3268:
アプリケーションノート 3268,AN3268, AN 3268, APP3268, Appnote3268, Appnote 3268