アプリケーションノート 3239

HFAN-02.5.0:シングルエンド方式と差動方式によるレーザダイオードの駆動


要約: 最適化された光トランスミッタを設計するには、ドライバをレーザダイオードに接続するための適切なインタフェース回路が必須となります。一般的に、レーザダイオードのシングルエンド駆動は、部品と基板のスペースが少なくてすむため、簡単で利用しやすいソリューションです。このアプリケーションノートは、差動駆動がどのようにしてシングルエンド駆動よりも速いエッジ速度を実現するかについて明らかにすることを目的としています。