アプリケーションノート 3125

MAX3610:シンセサイザベース水晶発振器MAX3610で低コストかつ高性能なクロック源を実現

筆者: Sharon Wang

要約: このデザインノートでは、基準クロック発生器MAX3610の特性と、スペクトルアナライザを使って電源誘導確定的ジッタを測定する方法について説明します。クロック出力のSSB (single side band)位相ノイズと電源誘導確定的ジッタについて測定結果を示します。水晶振動子のパラメータ、およびMAX3610と水晶による周波数安定度の測定結果が、この文書のセクション4に記載されています。