アプリケーションノート 3041

利得ステップ機能を持つWCDMA (UMTS)用のLNA


要約: MAX2645のシリコンゲルマニウム(SiGe)低ノイズアンプ(LNA)は、25dBの利得ステップ、シャットダウンモード、および調整可能なIP3などの特徴を持ちます。このLNAは、UMTS帯域(2110MHz~2170MHz)で使用するWCDMAアプリケーション用に最適化されています。MAX2645は、高利得モードにて、19.5dBの利得、1.9dBのノイズ指数、および+2.5dBmのIIP3を実現しています。一般的な+3.3Vの動作電源電圧での供給電流は低く抑えられており、高利得モードで8.9mA、低利得モードで2.7mA、およびシャットダウンモードでは標準で0.1µAです。

表1は、2.14GHzにおけるMAX2645の動作性能を一覧で示しています。2.14GHz用にMAX2645を最適化するために使用する回路図を図1に示します。図2~6は、2.1GHz~2.2GHzでの、高利得と低利得モードにおけるLNAの性能を示したものです。同調コンデンサは、一般的なMurata 0402 GRP1555C (GRM36)シリーズで、同調インダクタはMurata 0402 printed LQP10Aシリーズです。詳細については、MAX2645 SiGe LNAのデータシートとEVキットのデータシートを参照してください。

表1. 2.14GHzにおけるMAX2645 SiGe LNAの性能
Mode ICC (mA) Gain (dB) NF (dB) IIP3 (dBm) S11 (dB) S22 (dB)
High Gain 8.9 +19.5 1.87 +2.5 -9.5 -14.7
Low Gain 2.7 -6.8 13.86 +16.3 -8.3 -8.0

:VCC = +3.3V、RBIAS = 20kΩ

図1. 2.14GHz用に最適化されたMAX2645 SiGe LNAの動作回路
図1. 2.14GHz用に最適化されたMAX2645 SiGe LNAの動作回路

図2. MAX2645の「利得対周波数」のグラフ
図2. MAX2645の「利得対周波数」のグラフ

図3. MAX2645の「ノイズ指数対周波数」のグラフ
図3. MAX2645の「ノイズ指数対周波数」のグラフ

図4. MAX2645の「入力IP3対周波数」のグラフ
図4. MAX2645の「入力IP3対周波数」のグラフ

図5. MAX2645の「入力リターンロス対周波数」のグラフ
図5. MAX2645の「入力リターンロス対周波数」のグラフ

図6. MAX2645の「出力リターンロス対周波数」のグラフ
図6. MAX2645の「出力リターンロス対周波数」のグラフ