アプリケーションノート 3041

利得ステップ機能を持つWCDMA (UMTS)用のLNA


要約: MAX2645のシリコンゲルマニウム(SiGe)低ノイズアンプ(LNA)は、25dBの利得ステップ、シャットダウンモード、および調整可能なIP3などの特徴を持ちます。このLNAは、UMTS帯域(2110MHz~2170MHz)で使用するWCDMAアプリケーション用に最適化されています。MAX2645は、高利得モードにて、19.5dBの利得、1.9dBのノイズ指数、および+2.5dBmのIIP3を実現しています。一般的な+3.3Vの動作電源電圧での供給電流は低く抑えられており、高利得モードで8.9mA、低利得モードで2.7mA、およびシャットダウンモードでは標準で0.1µAです。

表1は、2.14GHzにおけるMAX2645の動作性能を一覧で示しています。2.14GHz用にMAX2645を最適化するために使用する回路図を図1に示します。図2~6は、2.1GHz~2.2GHzでの、高利得と低利得モードにおけるLNAの性能を示したものです。同調コンデンサは、一般的なMurata 0402 GRP1555C (GRM36)シリーズで、同調インダクタはMurata 0402 printed LQP10Aシリーズです。詳細については、MAX2645 SiGe LNAのデータシートとEVキットのデータシートを参照してください。

表1. 2.14GHzにおけるMAX2645 SiGe LNAの性能
Mode ICC (mA) Gain (dB) NF (dB) IIP3 (dBm) S11 (dB) S22 (dB)
High Gain 8.9 +19.5 1.87 +2.5 -9.5 -14.7
Low Gain 2.7 -6.8 13.86 +16.3 -8.3 -8.0

:VCC = +3.3V、RBIAS = 20kΩ

図1. 2.14GHz用に最適化されたMAX2645 SiGe LNAの動作回路
図1. 2.14GHz用に最適化されたMAX2645 SiGe LNAの動作回路

図2. MAX2645の「利得対周波数」のグラフ
図2. MAX2645の「利得対周波数」のグラフ

図3. MAX2645の「ノイズ指数対周波数」のグラフ
図3. MAX2645の「ノイズ指数対周波数」のグラフ

図4. MAX2645の「入力IP3対周波数」のグラフ
図4. MAX2645の「入力IP3対周波数」のグラフ

図5. MAX2645の「入力リターンロス対周波数」のグラフ
図5. MAX2645の「入力リターンロス対周波数」のグラフ

図6. MAX2645の「出力リターンロス対周波数」のグラフ
図6. MAX2645の「出力リターンロス対周波数」のグラフ


次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 3041:
アプリケーションノート 3041,AN3041, AN 3041, APP3041, Appnote3041, Appnote 3041