アプリケーションノート 2853

マルチ電圧システムにおける監視回路

筆者: Greg Sutterlin

要約: プロセッサの複雑化とともに、適切な動作の保証がますます必要となり、もっと多くのことが監視回路から求められています。
  • マルチ電圧監視回路によりパワーオンリセット、適切なシーケンス制御、および連続的な電圧モニタリングが可能です。
  • 今日の最新プロセッサの低電圧に必要な条件として新しい低電圧モニタの使用が求められています。
  • 最新の監視回路により、ウォッチドッグタイマ、マニュアルリセット入力、およびパワーフェイルコンパレータなどの付加的な機能も可能です。