アプリケーションノート 268

ハンドヘルド機器用のワイヤレスモデム電力


要約: 現在利用できるRFパワーアンプ(PA)の効率は貧弱なため、ハンドヘルドのコンピュータ機器にワイヤレス通信を追加するには特有なパワーマネジメント技術が必要になります。通信プロトコルの中には、バースト伝送手法が可能で、送信しないときにシャットダウンできるものもありますが(デューティサイクル制御)、送信時の標準的なPAの効率は40%~60%以下になります。対照的に、ハンドヘルド機器の主電源の効率は、標準的に90%~95%です。