アプリケーションノート 1945

DOCSIS 2.0の要件を満たすマキシムのケーブルアップストリームアンプの性能


要約: このアプリケーションノートは、MAX3514/3516ケーブルアップストリームアンプの測定性能を示しています。測定データには、第2高調波、第3高調波、出力電力対周波数、およびACPRが含まれています。DOCSIS 2.0を規格として使用しテストを実施した結果、アンプはすべての要件を満たすことがわかりました。

概要

アップストリームCATVアンプMAX3514/MAX3516がDOCSIS 2.0 PHYの要件に従っているかどうかをテストしました。テスト結果は、これらのICがDOCSIS 2.0の規格を満たすことを示しています。

DOCSIS 2.0

DOCSIS (Data-Over-Cable Service Interface Specification:データオーバケーブルサービスインタフェース仕様)は、高速データオーバケーブルシステム用のRFインタフェース仕様です。

DOCSIS 2.0は第3世代のDOCSIS仕様です。DOCSIS 2.0、DOCSIS 1.1、およびDOCSIS 1.0という用語は、3種類の仕様を表しています。

DOCSIS 2.0仕様は、主としてDOCSIS 1.0または1.1ベースのケーブルアクセスシステムのアップストリーム物理層での限定された性能を向上することを目的としています。2つの新しいMAC (medium access controller)管理メッセージのタイプが定義され、またいくつかの新しいパラメータエンコード方式が既存のMACメッセージで定義されています。DOCSIS 2.0のCMTS (Cable Modem Termination System:ケーブルモデム終端システム)は、所定のチャネル帯域幅でのアップストリームのスループットの増大、およびアップストリームで発生するノイズ耐性の向上を達成しています。DOCSIS 2.0 CMTSは、DOCSIS 1.0およびDOCSIS 1.1と下位互換性があります。

MAX3514/MAX3516は、CATVアップストリームアプリケーション用に設計されたプログラマブル利得アップストリームアンプの製品ファミリです。MAX3514/MAX3516は5MHz~65MHzの周波数範囲で動作し、最大+64dBmVのQPSK (MAX3516)を駆動します。入力と出力の両ポートが差動であるため、出力ポートに外付けバラン(平衡不平衡変成器)が必要となります。可変利得機能はSPI 3線インタフェースによって制御され、これにより、56dBを超えるダイナミックレンジが得られ(MAX3514/MAX3516)ます。利得は0.5dB単位(MAX3514/MAX3516)、または1dB単位(MAX3510)で制御できます。

測定

  • テストはすべて室温で実施
  • VCC = 5.0V
  • PIN = -13dBm (50Ωシステムで+34dBmVのチャネル電力)
  • 入力信号
    • QPSK変調(20b PRBS、ルートコサインフィルタα = 0.25)
    • 16 QAM変調(20b PRBS、ルートコサインフィルタα = 0.25)
    • 64 QAM変調(2b PRBS、ルートコサインフィルタα = 0.25)
  • 高電力モード
  • 入力ACPR -66dBc
  • 160kHzの測定帯域幅(200kHzのチャネル間隔)
  • 320kHzの測定帯域幅(400kHzのチャネル間隔)
  • 640kHzの測定帯域幅(800kHzのチャネル間隔)
  • 1280kHzの測定帯域幅(1600kHzのチャネル間隔)
  • 2560kHzの測定帯域幅(3200kHzのチャネル間隔)
  • 5120kHzの測定帯域幅(6400kHzのチャネル間隔)

補正および単位変換

  • 50Ωシステムにて、PIN/OUT (dBmV) = PIN/OUT (dBm) + 47dB
  • 75Ωシステムにて、PIN/OUT (dBmV) = PIN/OUT (dBm) + 49dB
  • MAX3514/MAX3516EVキットボードは出力に7.5dBの最小損失パッドがあるので、POUT (dBmV) = POUT (dBm) + 47dB + 7.5dB + ケーブル損失となる

テスト機器の一覧

(標準的なテストのセットアップについては、図1を参照)
  • 64 QAM信号を生成可能な信号発生器(RODHE & SCHWARZ SMIQ 06B)
  • スペクトラムアナライザ(RODHE & SCHWARZ FSEB)
  • パワーメータ(HP437B)
  • パワーセンサ(HP8482A)
  • 電源(Agilent E3632A)
  • DMM (HPE3631A)
図1. テスト機器のセットアップ
図1. テスト機器のセットアップ

結果

テスト信号:

変調 = 64
QAM α = 0.25
変調信号の中心周波数 = 22MHz
シンボルレート:160ksps、320ksps、640ksps、1280ksps、2560ksps、5120ksps

表1. MAX3514の第2および第3高調波対出力電力/周波数(+54dBmV~+58dBmV)
22MHz (160 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 6.8 53.8 -61.7 -60.0
-13 110 7.8 54.8 -61.8 -60.0
-13 112 8.8 55.8 -61.9 -59.8
-13 114 9.8 56.8 -62.1 -59.4
-13 116 10.8 57.8 -62.3 -59.0
22MHz (320 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 6.9 53.9 -61.0 -59.8
-13 110 7.9 54.9 -61.3 -59.7
-13 112 8.9 55.9 -61.4 -59.5
-13 114 9.9 56.9 -61.6 -59.2
-13 116 10.9 57.9 -61.7 -58.8
22MHz (640 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 6.8 53.8 -59.8 -58.6
-13 110 7.8 54.8 -60.0 -58.6
-13 112 8.8 55.8 -60.2 -58.7
-13 114 9.8 56.8 -60.4 -58.6
-13 116 10.8 57.8 -60.6 -58.8
22MHz (1280 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 109 7.1 54.1 -58.4 -58.0
-13 111 8.1 55.1 -58.8 -58.1
-13 113 9.1 56.1 -59.1 -58.1
-13 115 10.1 57.1 -59.2 -57.7
-13 117 11.0 58.0 -59.4 -57.4
22MHz (2560 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 109 7.0 54.0 -56.1 -56.5
-13 111 8.0 55.0 -56.3 -56.9
-13 113 9.0 56.0 -56.6 -57.2
-13 115 10.0 57.0 -57.0 -57.3
-13 117 11.0 58.0 -57.2 -56.7
22MHz (5120 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 109 7.1 54.1 -53.5 -54.6
-13 111 8.1 55.1 -54.1 -55.0
-13 113 9.1 56.1 -54.6 -55.1
-13 115 10.1 57.1 -54.9 -55.1
-13 117 11.1 58.1 -55.4 -55.3

表2. 2次および3次高調波でのDOCSIS 2.0仕様(57dBmV出力)
Modulation Rate (ksps) 160 320 640 1280 2560 5120
2nd order harmonics DOCSIS 2.0 Spec. (dBc) -47 -50 -50 -50 -50 -50
3rd order harmonics DOCSIS 2.0 Spec. (dBc) -47 -50 -50 -50 -50 -50

図2.
図2.

図3.
図3.

表3. MAX3516の第2高調波対出力電力/周波数(+57dBmV~+61dBmV)
22MHz (160 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 10.0 57.0 -66.0 -60.7
-13 110 11.0 58.8 -66.5 -60.7
-13 112 12.0 59.0 -67.0 -59.7
-13 114 13.0 60.0 -67.7 -58.4
-13 116 14.0 61.0 -68.5 -56.5
22MHz (320 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 10.0 57.0 -64.8 -60.3
-13 110 11.0 58.0 -65.1 -60.0
-13 112 12.0 59.0 -65.6 -59.1
-13 114 13.0 60.0 -66.3 -58.0
-13 116 14.0 61.0 -67.0 -56.4
22MHz (640 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 10.0 57.0 -63.1 -59.8
-13 108 11.0 58.0 -63.4 -59.8
-13 110 12.0 59.0 -63.7 -59.1
-13 112 13.0 60.0 -64.4 -58.4
-13 114 14.0 61.0 -65.0 -56.6
22MHz (1280 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 10.0 57.0 -61.2 -59.1
-13 110 11.0 58.0 -61.3 -59.0
-13 112 12.0 59.0 -61.8 -58.5
-13 114 13.0 60.0 -62.2 -57.5
-13 116 14.0 61.0 -62.7 -56.0
22MHz (2560 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 9.8 56.8 -58.0 -57.7
-13 110 10.8 57.8 -58.5 -57.7
-13 112 11.8 58.8 -59.0 -57.4
-13 114 12.8 59.8 -59.5 -56.7
-13 116 13.8 60.8 -59.8 -55.6
22MHz (5120 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) 2nd Harm (dBc) 3rd Harm (dBc)
-13 108 9.8 56.8 -55.3 -55.7
-13 110 10.8 57.8 -55.7 -55.8
-13 112 11.8 58.8 -56.0 -55.8
-13 114 12.8 59.8 -56.3 -55.4
-13 116 13.8 60.8 -56.7 -54.6

表4. 2次および3次高調波でのDOCSIS 2.0仕様(60dBmV出力)
Modulation Rate (ksps)
160
320
640
1280
2560
5120
2nd order harmonics DOCSIS 2.0 Spec. (dBc)
-47
-50
-50
-50
-50
-50
3rd order harmonics DOCSIS 2.0 Spec. (dBc)
-47
-50
-50
-50
-50
-50

図4.
図4.

図5.
図5.

表5. MAX3514 ACPR対出力電力/周波数
39MHz (160 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
7.0
54.0
-55.5
-13
111
8.0
55.0
-54.4
-13
113
9.0
56.0
-53.2
-13
115
10.0
57.0
-52.0
-13
117
11.0
58.0
-50.9
39MHz (320 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
7.0
54.0
-54.8
-13
111
8.0
55.0
-54.2
-13
113
9.0
56.0
-53.3
-13
115
10.0
57.0
-52.2
-13
117
11.0
58.0
-51.0
39MHz (640 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
7.0
54.0
-53.9
-13
111
8.0
55.0
-53.3
-13
113
9.0
56.0
-52.1
-13
115
10.0
57.0
-51.4
-13
117
11.0
58.0
-50.2
39MHz (1280 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
6.8
53.8
-52.2
-13
111
7.8
54.8
-51.6
-13
113
8.8
55.8
-50.8
-13
115
9.8
56.8
-50.0
-13
117
10.8
57.8
-48.6
39MHz (2560 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
7.0
54.0
-49.3
-13
111
8.0
55.0
-48.4
-13
113
9.0
56.0
-48.0
-13
115
10.0
57.0
-47.1
-13
117
11.0
58.0
-46.3
39MHz (5120 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
6.8
53.8
-46.2
-13
111
7.8
54.8
-45.6
-13
113
8.8
55.8
-45.1
-13
115
9.8
56.8
-44.3
-13
117
10.8
57.8
-43.5

表6. 隣接チャネル電力比のDOCSIS 2.0仕様
Modulation Rate (ksps)
160
320
640
1280
2560
5120
ACPR DOCSIS 2.0 SPec. (dBc)
-47
-47
-46
-45
-44
-42

表7. MAX3516 ACPR対出力電力/周波数
39MHz (160 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
10.2
57.2
-52.0
-13
111
11.2
58.2
-50.9
-13
113
12.2
59.2
-49.4
-13
115
13.2
60.2
-47.8
-13
117
14.2
61.2
-46.0
39MHz (320 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
108
9.9
56.9
-52.2
-13
110
10.8
57.8
-50.9
-13
112
11.8
58.8
-49.8
-13
114
12.8
59.8
-48.4
-13
116
13.8
60.8
-46.9
39MHz (640 ksps)
Input (dBm)
GCW
Output (dBm)
Output (dBmv)
ACPR (dBc)
-13
109
10.3
57.3
-50.7
-13
111
11.2
58.2
-49.8
-13
113
12.2
59.2
-48.7
-13 115 13.2 60.2 -47.3
-13 117 14.2 61.2 -45.7
39MHz (1280 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) ACPR (dBc)
-13 109 10.1 57.1 -49.6
-13 111 11.0 58.0 -48.7
-13 113 12.1 59.1 -47.6
-13 115 13.0 60.0 -46.5
-13 117 14.0 61.0 -44.9
39MHz (2560 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) ACPR (dBc)
-13 109 10.2 57.2 -46.7
-13 111 11.1 58.1 -46.0
-13 113 12.1 59.1 -45.0
-13 115 13.1 60.1 -43.8
-13 117 14.1 61.1 -42.6
39MHz (5120 ksps) Input (dBm) GCW Output (dBm) Output (dBmv) ACPR (dBc)
-13 109 10.2 57.2 -43.8
-13 111 11.2 58.2 -43.1
-13 113 12.2 59.2 -42.2
-13 115 13.2 60.2 -41.4
-13 117 14.2 61.2 -40.3

表8. 隣接チャネル電力比のDOCSIS 2.0仕様
Modulation Rate (ksps) 160 320 640 1280 2560 5120
ACPR DOCSIS 2.0 SPec. (dBc) -47 -47 -46 -45 -44 -42

図6.
図6.

図7.
図7.

結論

表1、3、5、7のテスト結果は、MAX3514/MAX3516がDOCSIS 2.0の規格を満たしていることを示しています。
次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 1945:
アプリケーションノート 1945,AN1945, AN 1945, APP1945, Appnote1945, Appnote 1945