アプリケーションノート 1938

HFAN-03.0.2:光レシーバ性能の評価

筆者: Sharon Wang

要約: 光通信システムの必要電力を求める際の基本的なパラメータに、レシーバ感度がある。レシーバ感度の定義は、あるビットエラーレート(BER)に対する平均光出力の最小値である。光レシーバの設計では、総合レシーバ感度を低下させるさまざまなパラメータを十分に理解する必要がある。このアプリケーションノートでは、レシーバの光感度について詳細に検討する。また、ランダムノイズの蓄積や、振幅・タイミングの両面におけるISI (符号間干渉)によって発生する電力的なマイナス面も検討する。検討では、通常のレシーバ感度において、ISI立上り/立下り時間やジッタ、トランスミッタのノイズ特性(RIN:relative intensity noise)などの影響が無視できる理想的な入力信号を仮定する。

次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
Download ダウンロード、PDFフォーマット
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 1938:
アプリケーションノート 1938,AN1938, AN 1938, APP1938, Appnote1938, Appnote 1938