アプリケーションノート 1774

リモートキーレスエントリシステムの概要


要約: 今日生産される車両の70%以上には、標準またはオプションのいずれかでリモートキーレスエントリ(RKE:Remote Keyless Entry)システムが装備されています。リモートキーレスエントリシステムは、キーフォブ型(キーホルダー型)のトランスミッタと車両に取り付けたレシーバから構成されます。ほとんどのキーレスエントリシステムは通常、アメリカや日本では315MHz、ヨーロッパでは433.92MHzの周波数を使用しています。ここでは、ブロック図を示します。

リモートキーレスエントリ(RKE)システムについて

今日生産される車両の70%以上には、標準またはオプションのいずれかでリモートキーレスエントリ(RKE)システムが装備されています。また、RKEシステムは、付属品としての巨大なアフターマーケットを形成しています。ほとんどのリモートキーレスエントリシステムは盗難防止のために車両に警報を発したり、ドアやトランクを開錠/施錠したりします。中には、遠隔操作でエンジンを始動したり、車両の位置を探したりする機能を持つものもあります。

リモートキーレスエントリシステムは、キーフォブ型のトランスミッタと車両に取り付けたレシーバから構成されます。ほとんどのキーレスエントリシステムは通常、アメリカや日本では315MHz、ヨーロッパでは433.92MHzの周波数を使用しています。ヨーロッパでは868MHz帯も開放されており、リモートキーレスエントリシステムの増大する需要に対応しています。

ほとんどのキーレスエントリ設計における重要な課題は、RKEのトランスミッタとレシーバの両方の消費電力を低減するとともに、RKEシステム用の良好な距離と信頼性を確保するということです。これについては、「リモートキーレスエントリ(RKE)システムの設計」で詳細に説明しています。

さらに以下も参照できます。

図1. リモートキーレスエントリ(RKE)システムのブロック図
図1. リモートキーレスエントリ(RKE)システムのブロック図