アプリケーションノート 1005

GSMおよび900MHz ISMアプリケーション用の超低コスト+30dBm PA


要約: このアプリケーションノートでは、MAX2235パワーアンプ(PA)を用いて、GSMおよび900MHz ISM帯域のアプリケーションにおける動作について説明します。40%の効率で+30dBmの出力電力をが得られることができます。このデバイスは、24dBの利得を提供し、2.7V~5.5Vの電源で動作します。回路図、回路ボードのレイアウト、および部品表を掲載しています。

MAX2235は、一定エンベロープアプリケーション用に設計された、低コストのノンリニアパワーアンプです。本来は米国AMPS用に特性化されたものですが、このアプリケーションノートでは、欧州GSM、868MHzの欧州ISM帯域、および900MHzの米国ISM帯域のアプリケーションでデバイスを使用する場合について説明しています。

MAX2235は、900MHzでは、+5Vの電源から24dBの利得を提供するとともに、40%の効率で+30dBm以上の出力電力を提供します。このデバイスは、+2.7V~+5.5Vの単一電源で動作可能です。利得制御ピンによって、出力電力を35dB以上の範囲で変更することができるようになります。低電力シャットダウンモードでは、電流消費が1µA未満に低減されます。このPAの主要な機能は出力電力の自動ランピングであり、これによってトランジェントノイズとスペクトルスプラッタを最小限に抑えます。

図1は、880MHz~915MHzの周波数帯域にわたるMAX2235の出力電力の性能を示しています。図2~図4は、MAX2235の出力電力、効率、および消費電流の性能対入力電力と周波数を示しています。図5は、MAX2235の出力電力対利得制御(GC)電圧を示しています。

図1. MAX2235の出力電力対周波数 図2. MAX2235の出力電力対入力電力
図1. MAX2235の出力電力対周波数 図2. MAX2235の出力電力対入力電力
図3. MAX2235の効率対入力電力 図4. MAX2235の消費電流対入力電力
図3. MAX2235の効率対入力電力 図4. MAX2235の消費電流対入力電力
図5. MAX2235の出力電力対GC電圧
図5. MAX2235の出力電力対GC電圧

図67は、880MHz~915MHzの周波数帯域にわたる動作に合わせてMAX2235をチューニングするのに必要な部品の変更と配置を示しています。

図6. GSMおよび900MHz用のMAX2235 PAの回路図
図6. GSMおよび900MHz用のMAX2235 PAの回路図

図7. GSMおよび900MHz用のMAX2235 PAの部品配置ガイド
図7. GSMおよび900MHz用のMAX2235 PAの部品配置ガイド

表1は、部品の値の一覧です。

表1. GSMおよび900MHz用のMAX2235 PAの部品リスト
Designation Qty Description
C1 1 100pF, 5% ceramic capacitor (0603)
Murata GRM39COG101J050V
C2 1 68pF, 5% ceramic capacitor (0603)
Murata GRM39COG680J050V
C3, C4 2 1000pF, 10% ceramic capacitors (0603)
Murata GRM39X7R102K050V
C5, C6 2 100pF, 5% ceramic capacitors (0402)
Murata GRM36COG101J050V
C7 1 10pF, 5% ceramic capacitor (0603)
Murata GRM39COG100J050V
C8 1 0.068µF, 10%
Murata GRM39X7R683K016V
C9, C10 2 470pF, 10% ceramic capacitors (0603)
Murata GRM39X7R471K050V
C11 1 100pF, 5% ceramic capacitor (0603)
Murata GRM39COG101J050V
C12 1 1500pF, 10% ceramic capacitor (0603)
Murata GRM39X7R152K0504
C13 1 47pF, 5% ceramic capacitor
ATC 100A470JW150X
C14 1 9.1pF, 5% ceramic capacitor
ATC 100A9R1JW150X
C15 1 0.01µF, 10% ceramic capacitor (0805)
Murata GRM40X7R103K050V
C16 1 1µF, +80%, -20% ceramic capacitor (1206)
Murata GRM42-6Y5V105Z025V
C17, C18 2 1000pF, 10% ceramic capacitors (0805)
Murata GRM40X7R102K050V
L1 1 8.2nH (0603) inductor
Toko LL1608-FH8N2K
L3 1 30-gauge wire short
J1, J2 2 SMA connectors (PC edge mount)
E.F. Johnson 142-0701-801
J3, J4 2 Test points
JU1 1 3-pin header (0.1" centers)
R1 1 0Ω resistor (0603)
Kamaya RMC16-000T
VCTRL 1 1-pin header
U1 1 MAX2235EUP (TSSOP-20)
None 1 MAX2235 EV kit PC board
次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。
© , Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は お問い合わせください。.
APP 1005:
アプリケーションノート 1005,AN1005, AN 1005, APP1005, Appnote1005, Appnote 1005