血糖値計IC

説明

血糖値計は、血液サンプル中のグルコース濃度を検出する携帯式の測定器です。これらの機器は、主として糖尿病患者によって使用されます。

現在市販されている血糖値計には、連続式と個別(単一検査)式があります。さらに、連続式の血糖値計は医師の処方箋を必要とします。これらの血糖値計は、皮下に埋め込んだ電気化学センサーを使用して、設定された時間間隔で測定を行います。

単一検査式の血糖値計は、電気化学方式または光反射率方式を使用して、グルコース濃度(単位:mg/dLまたはmmol/L)を測定します。血糖値計の大部分は電気化学方式です。電気化学方式の検査ストリップは、高精度のバイアス電圧が印加される電極を備えています。印加された電圧によって検査ストリップ上に電気化学反応が発生し、その結果流れる電流は血液中のグルコース量に比例します。次にその電流がグルコース濃度に変換されて表示されます。

検査ストリップの各パケットには較正コードが含まれており、使用前にそのコードを較正のためにメーターに入力する必要がありますが、新しい検査ストリップ設計の中には較正のステップを無くしたものもあります。

ページ上部の「設計上の考慮点」、「回路」、および「ブロック図」の各タブをクリックして、設計の作成に役立つ情報をご覧ください。


血糖値計は、電気化学センサーと、ディスプレイを備えたバッテリ駆動のエンベデッドシステムで構成される携帯式の測定器です。エンベデッドシステムは、センサーの読み取り、センサー読み値の処理、その表示、およびオプションでその保存を行います。

これらの血糖値計は、サンプルのグルコース濃度を判定するために非常に高精度のアナログ処理を必要とします。光反射率測定式と電気化学式の血糖値計は、どちらも数ナノアンペアの範囲の電流に対応する分解能が必要です。これらの機器は一般に狭い温度範囲内で高精度を発揮するため、高精度の温度測定も必要です。

新しい設計の多くは読み値を保存し、記録のためにPCまたはスマートフォンに読み値を送信することができます。

電気化学式検査ストリップの構成


大部分の検査ストリップは、血糖値計メーカーごとにさまざまな独自仕様で作られています。それぞれ試薬の処方、電極数、チャネル数、試薬のバイアス方法などが異なります。最も単純な構成は、自己バイアス式検査ストリップ(図1)です。この検査ストリップには2つの電極があり、作業電極と接地されたコモン電極で電流を測定します。

図1. 自己バイアス構成の電気化学式検査ストリップ
図1. 自己バイアス構成の電気化学式検査ストリップ

1つの検査ストリップに複数のチャネルがある場合もあります。追加のチャネルは、リファレンス測定や初回の血液検出に使用したり、反応部位を血液で飽和させたりするために使用します。もう1つの構成は、両方の電極をアクティブに駆動し、コモン電極で測定を行うものです。さらに高度な別の設計に、カウンタ構成があります(図2)。

図2. カウンタ構成の電気化学式検査ストリップ
図2. カウンタ構成の電気化学式検査ストリップ

この構成では3つの電極があり、作業電極で電流を測定し、フォース/センス回路によってコモン電極と基準電極を駆動します。この構成は、測定の間、検査ストリップ上の反応部位のバイアス電圧がより正確に設定され、維持されるという重要な長所があります。この設計の短所としては、複雑さが増大すること、また、通電中のバイアス電圧を維持するため、より大きなヘッドルームを確保してフォース/センスアンプで負の振幅を可能にする必要があることが挙げられます。

ページのトップへ戻る |

センサーアナログシグナルチェーン


光反射率測定式と電気化学式の血糖値計は、両方とも数ナノアンペア(1桁ナノアンペア)の範囲の電流を分解する必要があります。血糖値計の許容誤差を満足するには、製造時における血糖値計の較正後、電源電圧、温度、および時間の変化に対して各部品の漏れやドリフトが極めて小さいことが必要です。容量性の電気化学式検査ストリップに接続するオペアンプで重要となる仕様は、超低入力バイアス電流(< 1nA)、高い直線性、および安定性です。オペアンプは、通常いずれの方式の血糖値計に対してもTIAとして構成します。電圧リファレンスで重要となる仕様は、温度係数が50ppm/℃以下、経時ドリフトが小さい、優れたラインレギュレーションとロードレギュレーションなどです。電気化学式検査ストリップのバイアス電圧の設定、および光反射率測定式検査ストリップのLED電流の設定には、10ビット/12ビットDACを使用します。電気化学式検査ストリップでは、検査ストリップに血液が塗布された時点で検出するために、コンパレータを使用する場合もあります。これによって、検査ストリップに血液が塗布されるまでの消費電力を節約するとともに、反応部位を血液で十分に飽和させることができます。ADCの要件は血糖値計の種類によって異なりますが、ほとんどの場合、検査結果の再現性を確保するには、14ビット以上の分解能と低ノイズが要求されます。ダイナミックレンジを拡大するためにADCの前に設定可能な利得段がある場合は、12ビットの分解能も使用されます。

部品の選択

マキシムは、前項で説明した全機能を内蔵した高精度シングルチップのデータ収集システム(DAS)を提供しています。マキシムの推奨DAS ICは、血糖値計で要求される仕様および性能に適合するように設計されています。これらのDAS ICは、血液凝固計やコレステロール計などの類似のアプリケーションにも最適です。ブロック図のDASのブロックをクリックして、推奨製品をご覧ください。

ページのトップへ戻る |

温度測定


検査ストリップ上の血液の温度を測定するのが理想的ですが、通常は検査ストリップ近接の周囲温度を測定します。温度測定の精度は検査ストリップの種類や化学的性質によってさまざまですが、±1℃~±2℃が標準的な範囲です。この測定は、スタンドアロンの温度センサーICを使用するか、リモートサーミスタまたはPNジャンクションとADCの組み合わせによって行うことができます。ADCと同じリファレンスで駆動されるハーフブリッジ構成でサーミスタを使用すると、電圧リファレンスの誤差が解消されるため、より正確な結果が得られます。リモートまたは内部PNジャンクションは、高精度の高集積アナログフロントエンド(AFE)で測定することができます。

部品の選択

マキシムのシングルチップDAS ICは、このアプリケーションに必要なレベルの精度を備えた温度センサーを内蔵しています。

ページのトップへ戻る |

ユーザーインタフェース:ディスプレイ、音声


大部分の血糖値計は、マイクロコントローラに内蔵されたLCDドライバで駆動可能な約100セグメントの単純な液晶ディスプレイ(LCD)を使用しています。カラーディスプレイは、両方のセグメントLCDより高い追加の電圧を必要とします。1つまたは2つの白色LEDを使用することによってバックライトを追加することが可能です。

血糖値計の可聴式インジケータには、単純なブザーから、視覚障害に対応したより高度な音声機能まで、さまざまなものがあります。単純なブザーは、パルス幅変調(PWM)機能によって1つまたは2つのマイクロコントローラポートピンで駆動することができます。より高度な音声インジケータや検査結果記録用の音声録音機能も、オーディオコーデックをスピーカアンプやマイクロフォンアンプとともに追加することで実現することができます。

部品の選択

マキシムは、LCDディスプレイへの給電に必要になる可能性のあるステップアップスイッチングレギュレータと、ディスプレイバックライトアプリケーション用の高輝度LEDドライバを提供しています。ブロック図をクリックして、推奨製品をご覧ください。

ページのトップへ戻る |

静電気放電


すべての血糖値計は、IEC 61000-4-2の静電気放電(ESD)の要件に適合する必要があります。ESD保護を内蔵した電子部品の使用、または露出したトレースへのESDラインプロテクタの追加は、この要件への適合に役立ちます。

ページのトップへ戻る |

電源およびバッテリマネージメント


単純なディスプレイを備えた血糖値計は、リチウムコイン電池1個、またはAAA (単4形)のアルカリ1次電池2本で直接動作させることができます。電池の寿命を最大限に延長するために、この血糖値計では、3.6Vから2.2Vまで(リチウムコイン電池の場合)または1.8Vまで(アルカリ単4電池の場合)動作可能な電子回路が必要です。電子回路がより高い電源電圧やレギュレートされた電源電圧を必要とする場合は、ステップアップスイッチングレギュレータを使用することができます。スリープ回路がより低いバッテリ電圧で動作可能である限り、スリープモード時にスイッチングレギュレータの電源を切断し、バッテリで直接動作させることで、バッテリの寿命は延長されます。バックライト付きディスプレイやより高度なディスプレイを追加するには、より高い電圧や、場合によっては別の電圧も必要になります。この時点で、より高度なパワーマネージメント方式が必要になる可能性があります。バッテリチャージャと残量ゲージ回路を追加して、単一セルリチウムイオン(Li+)バッテリなどの再充電可能なバッテリを使用することができます。血糖値計でUSBが利用可能であれば、USBによる充電がユーザーにとって便利なオプションとなります。

部品の選択

マキシムは、このアプリケーション用の数種類のパワーレギュレーションおよびバッテリマネージメント回路を提供しています。設計に最適な製品は、選択したバッテリのサイズとタイプによって決まります。

ブロック図を参照し、電源およびバッテリの記号をクリックしてこのアプリケーション用のマキシムの推奨ICをご覧ください。

ページのトップへ戻る |


エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:監視回路IC

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれる監視回路IC製品の特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。MAX16150はプッシュボタンオン/オフコントローラで、スイッチデバウンスおよび消費電流がわずか20nAのラッチを備えています。MAX16140はnanoPowerリセットICで、一連の出荷時リセットスレッショルドおよびタイムアウトを備え、わずか370nAのIQでシステムソフトウェア外部の堅牢な監視を実現します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:Beyond-the-Railスイッチ

エッセンシャル・アナログツールキットのデュアル4:1マルチプレクサおよび単極双投(SPDT)スイッチは、3.0V~5.5Vの単一電源のみで±25Vの信号を許容するBeyond the Rail (BTR)デバイスです。マルチプレクサの±6kV ESD、低い1.5ΩのRON、および3.0mΩの平坦性は、産業用シリアルリンク、POS周辺機器、およびポータブル計測器の最も過酷な環境で信号の完全性を最大限に高めます。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:オーディオアンプ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットのオーディオアンプの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。MAX98357Aは小型、コスト効率に優れたプラグ&プレイの3.2WデジタルD級スピーカーアンプで、2.5V~5.5Vの電源で動作し、92%の効率で動作します。MAX98390はブースト内蔵5.1Wスマートアンプで、2.65V~5.5Vの電源で動作し、独自のDigital Speaker Management (DSM)を使用して音量と低音を強化します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:RS-485トランシーバ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれるRS-485トランシーバの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。nanoPower MAX14780Eは5Vハーフデュプレックストランシーバで、500kbpsのデータレートに対応し、±30kVのESD保護を備えています。MAX3485AEは3.3Vトランシーバで、20Mbpsのデータレートおよび±20kVのESD定格を備えています。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

堅牢、より小型の設計を可能にする産業用クワッドデジタル入出力のMAX14906

デジタル入力またはデジタル出力として機能することができる個別のソフトウェアで設定可能なチャネルを備えた、クワッド産業用デジタル入出力ICのMAX14906の詳細について説明します。このICはより低消費電力でより小型の設計を可能にするため、産業オートメーション機器に最適です。

詳細はこちら:MAX14906 ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:CANトランシーバ

2線式コントローラエリアネットワーク(CAN)トランシーバは、システムマイクロコントローラに負担をかけずにネットワークノード間の通信を提供します。エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットは最大2Mbpsの高速動作と±65Vの拡張フォルト保護を内蔵した2つのCANトランシーバを備え、プログラマブルロジックコントローラ、産業オートメーション、および計測器などの電気的ノイズの多い環境に最適です。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:ブーストレギュレータ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれる高精度で高効率のバックブーストレギュレータの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。nanoPower同期整流ブーストレギュレータのMAX17225は400mV~5.5Vの入力電圧範囲に対応し、すべてのシングルセルおよびコイン電池設計に最適です。定周波数PWMステップアップコントローラのMAX668は1Aピークインダクタでの出力電圧範囲が1.8~5Vで、広い3V~28Vの入力電圧範囲を備え、少なくとも20Wの出力パワーを供給します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:RS-232トランシーバ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットのRS-232トランシーバコレクションには、3Mbpsデータレートで1µAのシャットダウン電流、±15kV HBM ESD保護を備えたデバイスと、過酷な電気的環境で堅牢な絶縁型通信を維持する省スペースのガルバニック絶縁型RS-232トランシーバが含まれています。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:RTC

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットの180nA自己消費電流または±5ppm精度のリアルタイムクロック(RTC)で、アナログシグナルチェーンの機能を拡張することができます。これらのRTCがどのようにバッテリバックアップ入力を備えることで充電しながらの動作を可能とし、医療機器、ウェアラブル、ポイントオブセール(POS)端末、電力メーター、および産業システムに対応するかを説明します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:バックブーストレギュレータ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれるバックブーストレギュレータの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。MAX77827レギュレータは1.8~5.5Vの入力電圧範囲を備え、出力電圧は2.3V~5.3Vで、最大1.6Aの負荷電流用に外付け部品サイズを最適化することができます。MAX77816は広い2.3V~5.5Vの入力電圧範囲に対応し、出力電圧範囲は2.6V~5.14V (20mVステップで調整可能)で、3Aの連続負荷電流を駆動します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:Continuaバックアップ電源レギュレータ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれるContinuaバックアップレギュレータが、反転可能±2%精度、95%ピーク効率のバックブーストコントローラを使用してどのようにハンドヘルドポータブル機器および装置用の予備電源を実現するかを説明します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:バックレギュレータ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれるバックレギュレータの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。nanoPowerバックレギュレータのMAX38640Aは1.8V~5.5Vの入力電圧範囲を備え、出力電圧は0.7V~3.3Vです。ステップダウンコントローラのMAX15026Bは広い4.5V~28Vの入力電圧範囲を備え、出力電圧は0.6V~入力電圧の85%で、最大25Aの負荷電流を供給します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

Introduction to the MAX25221 Automotive 4-Channel TFT-LCD Power Supply with VCOM Buffer

This video provides an introduction to Maxim's Automotive 4-Channel TFT-LCD Power Supply with VCOM Buffer - the MAX25221.

Introduction to the MAX20004E MAX20006E MAX20008E 36V, 220kHz to 2.2MHz, 6A/8A Fully Integrated Step-Down Converters with 15µA Operating Current

This video provides an introduction to Maxim’s 36V, 220kHz to 2.2MHz, 6A/8A Fully Integrated Step-Down Converters with 15µA Operating Current – the MAX20004E, MAX20006E and MAX20008E.

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:アイソレータ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットのデジタルガルバニックアイソレータで、産業用フィールドバスインタフェースおよびバッテリアレイを保護することができます。これらのICは最大5kVRMSに60秒間耐え、最大200Mbpsのビットレートで信号を送信します。2および4チャネルデジタルアイソレータの強化された障壁は厳しい、過酷な環境に耐え、医療、産業、およびバッテリアレイアプリケーションで高信頼性のビット転送を提供します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:無線トランスミッタ/レシーバ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれる無線トランスミッタおよび無線レシーバの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。ISMトランスミッタのMAX41460は、広いsub-GHz周波数範囲にわたってASKおよびFSKに対応し、最大16dBmの出力パワーを備えています。MAX7034は低電力(6.7mA以下)のスーパーへテロダインレシーバで、300MHz~450MHzの周波数範囲のASKデータを受信するように設計されています。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

Himalaya uSLICモジュール:高効率電源を小型パッケージで実現

uSLIC DC-DCステップダウンパワーモジュールが、非常に狭い、スペースに制約のある領域への電源の設計をどのように可能にし、高信頼性の、堅牢な電力変換を実現するかを説明します。

詳細はこちら › uSLICパワーモジュール

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:理想ダイオードおよび電圧リファレンス

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれる理想ダイオードおよび電圧リファレンスの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。ナノパワー理想ダイオードのMAX40203は順方向電圧降下が1Aの電流でわずか90mVで、300nAの自己消費電流を備え、電圧リファレンスのMAX6078Aは0.04%の精度、低い10ppm/℃のドリフトを備え、消費電流は15µAです。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:オペアンプ

1pA以下のバイアス電流を備えたエッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットの超低ノイズ、広帯域幅オペアンプをアナログシグナルチェーンに使用して、医療用計測器、デジタル秤、および高精度センサーアプリケーションの微弱信号を増幅することができます。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:温度センサー

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットに含まれる温度センサーの特長、利点、およびアプリケーションについて説明します。MAX6680はダイオードを介して±1℃精度のリモート温度検出を提供し、MAX31875は10µA以下の平均消費電力と±1℃精度を備えた低電力ローカル温度センサーです。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

4.5V~42V入力、超小型、高効率、絶縁型バックDC-DCコンバータ

MAX17682

最大10Wの絶縁型電力を提供し、90%以上のピーク効率と2.8µAのシャットダウン電流で消費電力を削減します。

詳細はこちら ›

TVS用の高効率電源

MAXREFDES1034

監視や制御などの補助機能のシステム電源用に5V出力および最大5Aの負荷電流を提供する電源リファレンスデザインです。

詳細はこちら ›

60V、フォトカプラ不要の絶縁型フライバックコントローラ

MAX17690

小型、コスト効率に優れ、実装しやすい絶縁型DC-DCコントローラ

詳細はこちら ›

4.5V~42V入力、高効率、絶縁型バックDC-DC

MAX17681

最大5Wの絶縁型電源を提供、90%以上のピーク効率および0.9µAのシャットダウン電流で消費電力を低減

詳細はこちら ›

絶縁型24Vから5V 2Wフライバック電源

MAXREFDES111

産業用電源リファレンスデザインは、2W電力(0.4A)で24V入力、5V出力の高効率フライバックトポロジーを特長としています。

詳細はこちら ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:電流検出アンプ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットは2つの高精度、ハイサイド電流検出アンプ(CSA)を備え、それらは基地局、パルスオキシメーター、およびポータブルバッテリ動作機器などの低電力および広い入力電圧範囲を必要とする動作用に最適化されています。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:デジタル-アナログコンバータ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットのデジタル-アナログコンバータは、高分解能DACおよび高チャネル数DACの両方を備えています。高精度のMAX5541は超高速1µsセトリング時間の16ビット、バッファなし電圧出力を備え、4チャネルのMAX5715は12ビット、バッファ付き電圧出力および選択可能な電圧リファレンスを備えています。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキット:アナログ-デジタルコンバータ

エッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)ツールキットの24ビットデルタシグマ高分解能ADCおよび500ksps 16ビットSAR ADCがどのように産業、試験/測定、医療用画像処理、およびプロセス制御システムなどのアプリケーションに対応するかを説明します。

詳細はこちら:エッセンシャル・アナログIC ›

車載デュアルUSB Type-C Power Deliveryの設計を低温かつ柔軟にする

 

車載デュアルUSB Type-C Power Deliveryの設計を低温かつ柔軟にする
このデザインソリューションは、車載デュアルUSB Type-C Power Deliveryシステムの設計の課題について概説します。モジュールの温度上昇は40℃以下にする必要があります。車載バッテリ電圧は大幅に変動します。データラインを適切に保護し、設計を柔軟にして異なる形状に適応可能にする必要があります。バックブーストコントローラICおよび保護ICチップセットは、許容温度制限内で動作する必要がある小型で柔軟なモジュールを実現します。

注目製品:MAX25410MAX25431

詳細はこちら ›

車載4チャネルTFT LCD電源のMAX25220のご紹介

このビデオは、マキシムの車載4チャネルTFT LCD電源のMAX25220を紹介します。

4.5V~76V、300mA、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17760のご紹介

このビデオは、マキシムの4.5V~76V、300mA、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17760を紹介します。

ChipDNA内蔵DeepCover暗号コプロセッサのDS28S60のご紹介

このビデオは、マキシムのChipDNA内蔵DeepCover暗号コプロセッサのDS28S60を紹介します。

超低電力生体センサーハブ内蔵、完全な光バイオセンシングモジュールのMAXM86146のご紹介

このビデオは、マキシムの超低電力生体センサーハブ内蔵、完全な光バイオセンシングモジュールのMAXM86146を紹介します。

±65Vフォルト保護、±40V CMR、および±40kV ESD内蔵、+3V~+5.5V、極性反転RS-485ハーフデュプレックストランシーバのMAX33072Eのご紹介

このビデオは、マキシムの±65Vフォルト保護、±40V CMR、および±40kV ESD内蔵、+3V~+5.5V、極性反転RS-485ハーフデュプレックストランシーバのMAX33072Eを紹介します。

業界最低IQのスタンドアロン残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

MAX17301

非常に高精度のバッテリ充電状態(SOC)および安全な動作を提供するとともに、偽造バッテリパックの使用を防ぎます。

詳細はこちら ›

USB Type-C/Power Deliveryアプリケーション用バックブーストチャージャ、ソリューションサイズを50%削減

MAX77962

3.5V~23Vの広い入力電圧範囲を提供しUSB-C PDに対応します。2S リチウムイオンバッテリの28Wの急速充電を実現します。

詳細はこちら ›

業界最低IQのスタンドアロンマルチセル残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

MAX17320

プロテクタ、内部自己放電検出、およびSHA-256認証内蔵、2S~4S ModelGauge m5 EZ残量ゲージです。

詳細はこちら ›

JEITA準拠、リチウムイオンチャージャ、USBエニュメレーション内蔵

MAX77301

USBポート、専用チャージャ、または汎用アダプタで動作するJEITA準拠のリチウムイオンリニアバッテリチャージャです。このICは、自動的なアダプタタイプ検出およびUSBホストまたはハブとのエニュメレーションを提供します。最も簡素で小型のUSB準拠の充電ソリューションを提供します。

詳細はこちら ›

コマンドシーケンサ内蔵1-Wire® スレーブ-I2C/SPIブリッジのDS28E18のご紹介

このビデオは、マキシムのコマンドシーケンサ内蔵1-Wire® スレーブ-I2C/SPIブリッジのDS28E18を紹介します。

車載低入力電圧I2C 4チャネル150mAバックライトドライバのMAX25014のご紹介

このビデオは、マキシムの車載低入力電圧I2C 4チャネル150mAバックライトドライバのMAX25014を紹介します。

USB Type-C充電の概要(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

USBベース規格、Power Delivery規格、および上下反転可能なType-C 24ピンコネクタ仕様の組み合わせによって、大電力を必要とするポータブル機器の急速充電がどのように実現されるかを詳しく解説します。また、チャージャ、コンバータ、コントローラ、パワーパスおよび保護デバイスなどの、マキシムのUSB-C ICのポートフォリオの詳細についても説明します。

詳細はこちら:USB-Cソリューション ›

残量ゲージ内蔵デュアル入力、電力経路、3Aスイッチモードチャージャの評価システム

MAX77818EVSYS

実装および試験済みプリント基板と、それに対応したマキシムのMINIQUSBインタフェースボードで構成されます。このICは、12V入力および3A出力スイッチモードチャージャを内蔵しています。

詳細はこちら ›

CC検出、リバースブースト、およびADC内蔵USB Type-C、3Aスイッチモードバックチャージャの評価キット

MAX77860EVKIT

USB-C CC検出および充電機能を備えたシングル入力、スイッチモードバッテリチャージャを評価します。

詳細はこちら ›

1セルリチウムイオンバッテリ用3.15A USB Type-C自律的チャージャの評価キット

MAX77751CEVKIT

USB Type-C CC検出、規格準拠バッテリ充電、チャージャ入力の自動設定、およびリバースブースト機能を備えています。

詳細はこちら ›

ホームバストランシーバのMAX22088のご紹介

このビデオは、マキシムのホームバストランシーバのMAX22088を紹介します。

USB Type-Cチャージャ

MAX14748

2sリチウムイオンバッテリパック用のシングルチップUSB Type-C充電および充電器検出ソリューションです。

詳細はこちら ›

ウォッチドッグ内蔵車載4出力ディスプレイ電源ソリューションのMAX16926のご紹介

このビデオは、マキシムのウォッチドッグ内蔵車載4出力ディスプレイ電源ソリューションのMAX16926を紹介します。

電流制限内蔵ハイサイドスイッチコントローラMAX14922

このビデオは、マキシムの電流制限内蔵ハイサイドスイッチコントローラのMAX14922を紹介します。

USB-Cバックチャージャ、CC保護内蔵

MAX77860

ソリューションサイズを30%削減する高集積USB-Cバックチャージャです。

詳細はこちら ›

フレーマおよびL+電源コントローラ内蔵デュアルIO-LinkマスタートランシーバのMAX14819Aのご紹介

このビデオは、マキシムのフレーマおよびL+電源コントローラ内蔵デュアルIO-LinkマスタートランシーバのMAX14819Aを紹介します。

そのまま使えるUSB-C PDコントローラ、開発期間を短縮し堅牢な設計を実現

MAX77958

GUI操作のカスタマイズスクリプト、BC1.2対応、高速ロールスワップ、DRPモード、D+/D-スイッチ内蔵によって3か月のファームウェア開発を不要にします。

詳細はこちら ›

USB Type-C自律的チャージャ、1セルリチウムイオンバッテリ用

MAX77751

USB Type-C検出およびリバースブースト機能を内蔵した業界初の自律的チャージャです。

詳細はこちら ›

WPC/PMAデュアルモードワイヤレスパワーレシーバの評価キット

MAX77950EVKIT

WPCまたはPMAトランスミッタと組み合わせた場合に近距離磁気誘導を使用して動作し、最大12Wの出力電力を提供するワイヤレスパワーレシーバです。

詳細はこちら ›

超低電力光データ収集システム、パルスオキシメーターおよび心拍数検出用

MAX86170B

クラス最高のSN比を供え、体水分率、筋、および組織酸素飽和度の人体の複数の部位での測定に対応します。

詳細はこちら ›

完全な光バイオセンシングモジュール、超低電力生体センサーハブ内蔵

MAXM86146

光バイオセンシングAFEと強力なArm® MCUおよび2つのフォトダイオードを組み合わせた高集積、光データ収集システムです。

詳細はこちら ›

1セルリチウムイオンバッテリ用3.15A USB-C自律型チャージャのMAX77751のご紹介

このビデオは、マキシムの1セルリチウムイオンバッテリ用3.15A USB-C自律型チャージャのMAX77751を紹介します。

2Sリチウムイオンバッテリ用FET内蔵23VIN 3.2AOUT USB-CバックブーストチャージャのMAX77962のご紹介

このビデオは、2Sリチウムイオンバッテリ用FET内蔵23VIN 3.2AOUT USB-Cバックブーストチャージャを紹介します。

自己給電、2チャネル3.5kVRMSデジタルアイソレータのMAX22518のご紹介

このビデオは、マキシムの新しい自己給電、2チャネル3.5kVRMSデジタルアイソレータのMAX22518を紹介します。

セーフティアプリケーション用4出力ミニPMICのMAX20430のご紹介

このビデオは、マキシムのセーフティアプリケーション用4出力ミニPMICのMAX20430を紹介します。

ウェアラブルおよびIoTのオーディオを容易に実現可能なプラグ&プレイD級アンプ

 

ウェアラブルおよびIoTのオーディオを容易に実現可能なプラグ&プレイD級アンプ
ウェアラブルおよびIoT機器に最高のオーディオ品質を最小限の作業で提供する小型の自己設定D級デジタルオーディオアンプについて解説します。

注目製品:MAX98360AMAX98357A

詳細はこちら ›

2Sリチウムイオンバッテリ用FET内蔵USB-Cバックブーストチャージャの評価キット

MAX77962EVKIT-12

この2Sリチウムイオンバッテリ用3.2A USB Type-Cバックブーストチャージャを評価することができます。

詳細はこちら ›

スタンドアロンUSB Type-CおよびUSB Power Deliveryコントローラの評価キット

MAX77958EVKIT-2S3

このスタンドアロンUSB Type-C CC検出およびUSB Power Deliveryコントローラを評価することができます。

詳細はこちら ›

USB Type-C CC端子過電圧プロテクタの評価キット

MAX20323EVKIT

このUSB Type-C CC端子過電圧保護デバイスを評価することができます。

詳細はこちら ›

ChipDNA PUF技術はどのように最高レベルのIoTセキュリティを実現するか(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

ChipDNA PUF (物理的複製防止機能)技術がどのように最高レベルのデータセキュリティをIoTに提供するかをご覧ください。PUFを使用すると、IoT機器によって処理される機密データが犯罪者の手に渡らないと確信することができます。

詳細はこちら:ChipDNA ›

理想ダイオードのMAX40200を使用してダイオードORingまたはバッテリバックアップ回路を追加する方法(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

このビデオでは、他のダイオードORingソリューションに対する超小型理想ダイオードのMAX40200の優位性についてTravisが説明し、MAX40200EVKITを使ってダイオードORingをデモします。

MAX40200の詳細はこちら ›
デザインソリューション:理想ダイオードで損失を低減 ›
デザインソリューション:Design a Cooler, Safer Smart-Home Hub—Using an Ideal Diode ›

MAX17263

ポータブルシステム用のバッテリ残量ゲージの選択および設定の方法

バッテリ残量ゲージおよびバッテリ特性モデルを選択する方法についてTravisが説明します。MAX17263GEVKITを使用して、ほとんどのバッテリタイプで特性評価が不要なModelGauge m5のEZ Configuration GUIをデモします。



詳細はこちら › MAX17263

MAXREFDES101ヘルスセンサープラットフォーム2.0のファームウェアを更新する方法

MAXREFDES101ヘルスセンサープラットフォーム2.0のファームウェアを容易に更新し、ボード上の心電図(ECG)センサー、光電式容積脈波(PPG)センサー、および体温センサーの設定を迅速に開始する方法をSankalpが説明します。

詳細はこちら:MAXREFDES101 ›

フライバックコンバータを使用して絶縁型電圧レベルシフトを実現する方法

絶縁型フライバックコンバータを使用して入力のシングルエンド電圧を出力のバイポーラ電圧に変換する方法をTejaが説明します。回路における絶縁の重要性と、絶縁に使用可能な回路素子について解説します。最後に、MAXREFDES1141とMAXREFDES1132を使って絶縁型電圧レベルシフトを実現する方法をデモします。

詳細はこちら:MAXREFDES1141 ›
詳細はこちら:MAXREFDES1132 ›

MyMaxim:Empowering Your Design Innovation (設計革新を加速) (日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

MyMaximアカウントを登録またはプロファイルを更新して設計の革新を加速させましょう。新規メンバー登録でMaximの帽子がもらえます。またiPad Pro®、GoPro HERO7®が当たるチャンスもあります。キャンペーンは6/30まで実施しています。

キャンペーンについてはこちら ›

なぜDSMスマートアンプは有益か?

Gregが、ダイナミックスピーカーマネージメント(DSM)スマートアンプ技術の概要を提供し、なぜ従来のアンプによって使用される技術より優れているかを説明します。スピーカー設計の特性評価とチューニングを迅速かつ容易に行うことができる、DSM Sound Studio GUIを紹介します。次に、DSM Sound Studioのクイックデモ機能を使って、DSM対応スマートアンプの使用による違いを聞く方法をMichaelが示します。

詳細はこちら:ダイナミックスピーカーマネージメント ›

スピーカーのレーザー特性評価プロセスとは何か?

スピーカーと筺体のレーザー特性評価を依頼する方法を含めて、DSMレーザー特性評価プロセスについてGregが順を追って説明します。

詳細はこちら:DSMレーザー特性評価 ›

スピーカーのレーザー特性評価とはどういうもので、なぜ必要か?(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

ダイナミックスピーカーマネージメント(DSM)レーザー特性評価プロセスを依頼されたスピーカーの較正に使用されるDSMレーザー較正システムをMichaelが紹介します。正確なスピーカーの較正およびパラメータを満たすためのスピーカーの検証と妥当性確認がどのように達成されるかを説明します。

詳細はこちら:DSMレーザー特性評価 ›

DSMとはどのようなもので、どのように動作するか?

ダイナミックスピーカーマネージメント(DSM)スマートアンプ技術がどのようにマイクロスピーカーを安全かつ高信頼性でオーバードライブし、2.5倍の音量とより深みのある低音応答を実現するかをGregが説明します。次に、DSM対応マイクロスピーカーがどのようにより低い周波数に応答し、過熱と過剰な振動幅に対する保護を提供するかを、DSM Sound Studioのチューニング機能を使ってMichaelがデモします。

詳細はこちら:ダイナミックスピーカーマネージメント ›

nanoPowerオペアンプのMAX40007を力検出アプリケーションで使用する

ピエゾ抵抗式力センサーアプリケーションにおけるMAX40007をSrudeepとTomがMAX40007EVKITを使用してデモします。超低自己消費電流(700nA)がポータブル電子機器のバッテリ寿命の維持にどのように役立つかを説明します。

DACの仕様を理解する

DACの仕様を理解する

デジタル-アナログコンバータ(DAC)は、0と1のデジタルワードをアナログ電圧信号に変換します。このDACチュートリアルでは、静的仕様から動的仕様まで、デジタル-アナログコンバータの性能の基本について説明します。

詳細はこちら › データコンバータ

MAX32650でLCDコントローラを使用する、パート3:初めての描画

このシリーズの第3のビデオでは、スクリーンメモリのアドレスを指定して、MAX32650の評価キットのLCDパネル上に簡素な形状を描画する方法を説明します。次のビデオ「動きをつける」では、オブジェクトに動きを与える方法を説明します。

詳細はこちら ›

MAX32650でLCDコントローラを使用する、パート1:LCDコントローラとは何か?

このシリーズの最初のビデオでは、MAX32650マイクロコントローラのLCDコントローラについて解説し、TFT LCDパネルのドライバ回路とどのようにインタフェースされるかを説明します。次のビデオ「タイミングの重要性」では、LCDタイミングパラメータの設定方法を説明します。

詳細はこちら ›

DS28E36およびMAX66242による使い捨て医療用アクセサリのセキュアな管理

使い捨て医療用アクセサリが純正品で、他の患者に使用されたことがないことを、どのように確認することができるでしょうか?セキュア認証用ICのDS28E36およびMAX66242を使用する医療用ステープラーアプリケーションのデモで、データ、較正、およびエンドユースをセキュアに管理する方法をご覧ください。また、このデモはNFC/RFIDリーダーのMAX66300とPCソフトウェアを使用して、医療手順のエミュレート、患者識別、機器認証も行います。

詳細はこちら:DS28E36 ›

詳細はこちら:MAX66242 ›

詳細はこちら:MAX66300 ›

セキュリティ短編:対称鍵認証(パート4)

認証アプリケーションでの対称鍵暗号の使用について解説し、共有鍵、ナンス、およびセキュアハッシュの概念をより詳細に説明します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:認証の基礎(パート1)

セキュア認証の基礎について解説し、片方向認証が常に最適ではない理由を示します。IDとセキュア認証の組み合わせによって、より良いサイバーセキュリティがどのように提供されるかを学ぶことができます。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:対称暗号(パート2)

対称暗号の基礎およびそれがどのようにデータの暗号化と復号に使用されるかを説明します。平文と暗号文の概念について解説し、秘密鍵がどのように暗号化されたデータを送受信するかを紹介します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:対称認証の詳細(パート7)

ナンス、乱数、およびセキュアハッシュなどの概念を含む、認証アプリケーション用の対称鍵暗号の詳細について解説します。セキュアハッシュを認証に使う方法を学ぶことができます。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:エンベデッドシステム用のセキュアファームウェアダウンロード(パート8)

ファームウェアをどのようにリモートシステムに安全にダウンロードすることができるかを説明し、ECDSA鍵ペア生成およびSHA-256アルゴリズムがこの目的にどのように使用されるかを紹介します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティエクセレンスラボ:DPA攻撃のデモ

AES (Advanced Encryption Standard)のソフトウェア実装は、差分電力攻撃(DPA)に対して非常に脆弱です。MATLAB®を使用して対象のボードに相関電力攻撃(CPA)を実行することによって、シークレットを容易に発見可能であることを示します。

詳細はこちら:DeepCover®エンベデッドセキュリティ ›

セキュリティ短編:非対称認証の詳細(パート6)

ECDSA (楕円曲線デジタル署名アルゴリズム)を含む非対称鍵暗号の詳細について概説し、それが非対称鍵ベースの認証でどのように使用されるかを説明します。通信、IP保護、医療機器認証などのアプリケーションにとって非対称鍵認証がなぜ非常に重要なのかをご覧ください。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:非対称暗号(パート3)

非対称鍵暗号の基礎について説明し、それがどのようにデータの暗号化と復号に使用されるかを紹介します。パブリック鍵(公開鍵)とプライベート鍵の概念について概説し、鍵ペアを使って暗号化データを送受信する方法を説明します。対称鍵と非対称鍵の違いについても、暗号スイートの概念とともに解説します。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

セキュリティ短編:非対称認証(パート5)

非対称鍵暗号がどのように認証に使われるかを説明し、鍵の生成と暗号化の概念について概説します。デジタル署名の詳細およびそれらがどのようにセキュア認証に使用されるかを学ぶことができます。

詳細はこちら:セキュリティ認証 ›

シングルチップで電源設計をフォルトから保護

マキシムの完全なシステム電源保護ICが、電圧、電流、および温度フォルトの有害な影響を低減することによって、どのようにフィールドでの故障および予想外のダウンタイムを防ぐかを説明します。マキシムの産業用システム保護ICは、平均故障間隔(MTBF)の改善と、コストおよび時間の節約に対する貢献を、すべてシングルチップで実現します。

詳細はこちら:システム電源保護 ›

電源保護の基礎

不完全な世界では、電源サージなどの予測不可能なことが発生し、部品の故障につながります。システム保護方式はこれらのフォルト問題の解決に役立ち、システムの完全性を維持します。電源保護の問題を発生前に解決する秘訣を紹介します。

詳細はこちら:保護および制御 ›

ナノパワー理想ダイオードとショットキーダイオードの比較

ナノパワー理想ダイオードのMAX40203を使用すると、ショットキーダイオードと比較して優位性があることを、順方向電圧降下、順方向リーク電流、および逆方向リーク電流などの特長に焦点を当てて、Srudeepがデモします。MAX40203のエラーが大幅に低く、1.8Vバッテリアプリケーションを補完することを示します。

詳細はこちら:MAX40203 ›

MAX17262とModelGauge m5 EZによるプラグ&プレイのバッテリ残量ゲージ

MAX17262XEVKIT上でModelGauge m5 EZアルゴリズムを備えたバッテリ残量ゲージを実現するのが非常に容易であることをJasonが示します。

詳細はこちら:MAX17262 ›

300MHz~960MHz ASK (G)FSKトランスミッタのMAX41464の起動

調整可能な868.3MHzのレートでソフトウェアによって駆動される出力FSKスペクトルを生成することによって、MAX41464EVKITとその評価ソフトウェアをMartyがデモします。また、信号発生器によって駆動されるスタンドアロン構成のMAX41464も紹介します。

詳細はこちら › MAX41464

各種市場用の電源の概要

このビデオで、標準、産業、モバイル、および車載アプリケーションで使用される電源要件の概要をご覧ください。それぞれの電力レベル、サイズ、および負荷安定化などについて説明します。

詳細はこちら ›

マイクロスピーカーの基礎(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

マイクロスピーカーと標準的なスピーカーの間の類似性についてMichaelが説明し、3つの主要構成要素であるダイアフラム、コイル、およびマグネットについて説明します。次に、マイクロスピーカーを分解し、スピーカードライバを含むデバイスのさまざまな部分を紹介します。

詳細はこちら:ダイナミックスピーカーマネージメント ›

Micro PLCユニバーサルアナログ入力カード

ユニバーサルアナログ入力は産業用システムで非常に定評があります。ユニバーサルアナログ入力は電圧、電流、RTD、および熱電対入力に対応するため、制御やオートメーションアプリケーションでの使用に高い柔軟性をもたらします。マキシムの24ビットユニバーサルアナログ入力ボードが、どのように最新技術と画期的なシステムアーキテクチャを駆使してコストを削減しながら構成を簡素化して性能を高めているかをご覧ください。超小型Micro PLCフォームファクタにすべてが実装されています。

Infographic: Diagnosing Healthcare Problems

Infographic: Diagnosing Healthcare Problems

MAX745を最大電力点トラッカーソーラーチャージャとして使用する方法

最大電力点トラッカー(MPPT)ソーラーチャージャと、ソーラーパネルの効率を最適化するためにそれがどのように使用されるかについて、Seanが説明します。次に、スイッチモードリチウムイオンバッテリチャージャのMAX745をどのようにMPPTソーラーチャージャとして使用することができるかをデモします。

詳細はこちら:MAX745 ›

MAX31342SHLDの評価キットの使い方

低電流リアルタイムクロック(RTC)のMAX31342を評価するMAX31342SHLDをTawniがセットアップします。GUIについて概説し、リアルタイム監視および低タイムキーピング電流を含むMAX31342SHLDの特長の一部を紹介します。

詳細はこちら:MAX31342SHLD ›

DSMは自分のシステムに適しているか? (日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

DSMに最適なスピーカーの概要をGregが紹介します。このビデオでは、密閉型筺体内のスピーカードライバ、ベアドライバ、およびポート付きスピーカーという、3つの最も一般的なタイプのマイクロスピーカー構成との組み合わせでDSMがどのように動作するかを説明します。

詳細はこちら:ダイナミックスピーカーマネージメント ›

心拍数およびパルス酸素濃度モニタのMAXREFDES117とArduinoボードをセットアップする方法

心拍数およびパルス酸素濃度測定リファレンスデザインのMAXREFDES117とArduino®マイクロコントローラを使用して、心拍数信号を読み取りSpO2レベルを監視する方法をBenがデモします。また、一般的な問題の例およびそれらを解決する方法もデモします。

詳細はこちら:MAXREFDES117 ›

EclipseでマキシムのArm® Cortex®ツールチェーンを使ってマイクロコントローラプロジェクトをセットアップする方法

低電力ArmマイクロツールチェーンをダウンロードしてEclipseにインストールする方法をThomasが説明します。プロジェクト例をインポートする方法を紹介し、さらに自分で新しいマイクロコントローラプロジェクトを作成する方法を示します。

詳細はこちら:MAX32660 ›

次のポータブルプロジェクトでMAX32660のディープスリープ機能を使って電力を節約する方法(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

「ディープスリープ」動作モードを含む、MAX32660の省電力機能についてThomasが解説します。さらに、温度検出アプリケーションで電力を節約するためにこれがどのように使用されるかをデモします。

詳細はこちら:MAX32660 ›

SafeDemagを使って誘導性負荷を安全に消磁する方法(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

スイッチング誘導性負荷を使用する場合に、SafeDemagを使ってインダクタを安全かつ迅速に消磁する方法をTravisとCynthiaが紹介します。誘導性スイッチングについて説明し、フリーホイールダイオード、ツェナークランプ、アクティブクランプ、およびマキシムのSafeDemagソリューションの違いを説明します。

詳細はこちら:MAX14912EVKIT ›

MAX17606を使用してフライバックコンバータの効率性能を最適化する方法(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

2次側整流ダイオードを使用する断続コンダクションモード(DCM)フライバックコンバータが、低電圧高電流アプリケーションに最適ではない理由をFurqanが説明します。次に、同期整流MOSFETドライバのMAX17606によって制御されるMOSFETで2次側ダイオードを置き換える高効率ソリューションを提案します。

詳細はこちら:MAX17606 ›

MAX9814の自動利得制御機能を使って一定のオーディオ出力レベルを実現する方法(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

自動利得制御、およびそれを使用して一定のオーディオ出力レベルを実現する方法についてJesvinが説明します。MAX9814の評価キットを使って、マイクロフォンアンプで効果的な自動利得制御を実現する方法を示します。

詳細はこちら:MAX9814 ›

EE-SIM OASISシミュレーションツールを使用して回路設計を高精度でシミュレートする方法(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

EE-Sim® OASISツールを使用してスイッチング電源回路をシミュレートする方法を説明します。スイッチモード電源IC用OASISシミュレータはSIMPLIS®シミュレーションエンジン上に構築されており、容易にコピー、変更、シミュレートが可能な150以上の電源リファレンスデザインを提供します。

詳細はこちら:EE-SIM OASIS ›

iButton温度データロガーのDS1925で温度をロギングする方法

iButton® Thermocron®データロガーのDS1925とマキシムのOneWireViewerソフトウェアを使用して、迅速かつ容易に温度データをロギングする方法をVenkateshが説明します。また、DS1925がマキシムの他の温度ロガー、DS1922とどのように異なるかも説明します。

詳細はこちら:DS1925 ›

SC1905EVKITまたはSC1894EVKITのEEPROMの内容破損を修復する方法

SC1905EVKITまたはSC1894EVKITのEEPROMの内容が壊れていないかを、消費電流の測定またはGUIの実行によって判定する方法をSamanthaが説明します。次に、内容が壊れている場合にEVキットを復旧するための簡素な修正方法を示します。

詳細はこちら:SC1905 ›

MAX20313

設定可能な電流制限スイッチのMAX20313で過電流保護を容易に追加する方法:備えあれば憂いなし

電流制限保護についてDarraghが説明し、MAX20313を使用して回路設計を過電流から保護する方法をデモします。

詳細はこちら › MAX20313

PMBusおよびSMBusの問題のデバッグ方法 - パート2:オシロスコープのトリガ

Tektronixのオシロスコープ上でSMBusまたはPMBusのトランザクションをキャプチャする方法をDwightが概説します。この便利な技法は、1つのトランザクションをより効果的に調べ、適切なコマンドがボード上の対象デバイスに送られていることを確認するために役立ちます。

詳細はこちら:MAXPOWERTOOL002 ›

PMBusおよびSMBusの問題のデバッグ方法 - パート1:通信

SMBusまたはPMBusプロトコルの通信問題を解決する方法をDwightが紹介します。マキシムのPowerTool GUIとMAXPOWERTOOL002ドングルおよび標準的なオシロスコープを使用して、リアルタイムのI2C、SDA、およびSCLデータ信号を調べる簡素な方法を示します。

詳細はこちら:MAXPOWERTOOL002 ›

MAX17222

nanoPowerブーストコンバータMAX17222の自己消費電流の計算方法

nanoPower同期整流ブーストコンバータMAX17222の自己消費電流を計算する方法と、適切な抵抗設定およびブッシュボタンの配置によって、低電力ポータブルソリューションのバッテリ寿命がどのように延長されるかをSankalpが説明します。

詳細はこちら › MAX17222

40W D級アンプのMAX98400Aでサウンドを強化する方法

MAX98400AEVKITとブームボックスの構成を使用して、ステレオ、高出力、D級アンプのMAX98400Aの動作をKatieがデモします。ステレオオーディオ(スピーカ当り20W)とモノラルオーディオ(40W)の両方の機能を使用して、直接スピーカ駆動およびフィルタ出力駆動をデモします。

詳細はこちら ›

MAX17561を使用して過電圧および過電流保護を追加する方法—パート2 (日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

このビデオでは、MAX17561/MAX17562/MAX17653製品ファミリの過電流保護モードについてKatieが説明し、保護を追加する方法をMAX17561EVKITを使って実証します。

詳細はこちら ›

残量ゲージのMAX17261とModelGauge m5 EZを使用する非常に高精度のバッテリ残量測定

MAX17261XEVKITおよび3%以上の精度レベルのModelGauge m5 EZ Config GUIを使ってバッテリ残量測定を高精度で実装する方法をJasonが説明します。

詳細はこちら › MAX17261

電圧監視回路ICの高周波ノイズ除去

nanoPower電圧監視回路ICのMAX16140などの監視回路ICが、どのように高周波ノイズからのより良い保護を提供し、安全で高信頼性のシステム動作を実現するかをAhmadが説明します。

詳細はこちら:MAX16140 ›

Arm Cortex-M4マイクロコントローラ入門チュートリアル:パート3

このシリーズの第3部では、なぜArm® Cortex®-M4アーキテクチャのパワー、メモリ、およびセキュリティが超低電力マイクロコントローラにとって最適なオプションを提供するかを説明します。

詳細はこちら:超低電力マイクロコントローラ ›

Arm Cortex-M4マイクロコントローラ入門チュートリアル:パート2

このシリーズの第2部では、なぜArm® Cortex®-M4がマキシムの超低電力マイクロコントローラのコアアーキテクチャとして選ばれたのかを解説します。そのメモリおよびバスインタフェースがどのように低電力マイクロコントローラで重要な役割を果たすかを説明します。

詳細はこちら:超低電力マイクロコントローラ ›

Arm Cortex-M4マイクロコントローラ入門チュートリアル:パート1

このシリーズの第1部では、Arm® Cortex®-M4コアアーキテクチャの歴史を紹介し、マキシムの超低電力マイクロコントローラでどのように使用されているかを説明します。

詳細はこちら:超低電力マイクロコントローラ ›

RFトランスミッタのMAX41460入門

MAX41460EVKIT、そのソフトウェア、およびスペクトルアナライザを使用してRFトランスミッタのMAX41460の入出力周波数応答の表示と制御を行う方法をMartyがデモします。

詳細はこちら › MAX41460

フォトカプラ不要フライバック技術とMAX17690で開発に着手する(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

このビデオでは、絶縁型電源の設計にフォトカプラ不要フライバックコントローラを使用する方がフォトカプラフライバックより有利であることをFurqanが説明します。MAX17690EVKITを使用して、高精度出力電圧安定化のデモを行います。

詳細はこちら ›

MAX9921を使用するホール効果センサー入門

ホール効果について、および自動ドア開閉装置などの非接触センサーを必要とするアプリケーションでホール効果センサーがどのように役立つかをJesvinが説明します。さらに、業界初の2線式ホール効果センサーであるMAX9921をデモします。

さらに詳しく:MAX9921 ›

ASIL-DバッテリモニタICで最高レベルの安全性を実現する

車載アプリケーションで安全性準拠を達成するには、システムへの冗長な部品の追加が必要になる可能性があります。MAX17853は、中~大型のセル数構成用の唯一のASIL-D準拠ICで、エンジニアは電圧、温度、通信に関する最高レベルの安全性を満たすシステムを作ることができます。

詳細はこちら:MAX17853 ›

PoE LED照明の未来

IoT (モノのインターネット)におけるPower over Ethernet (PoE) LED照明の未来についての例をご覧ください。

Learn more: Smart Lighting ›

RF Predistortion ICs

RFパワーアンプリニアライザ(RFPAL)の基礎

RFパワーアンプリニアライゼーションの背景にある概念、それが必要な理由と場所、およびパワーバックオフ、適応型プリディストーション、およびDPDを含む一般的なリニアライゼーション手法の利点と欠点について説明します。

詳細はこちら › RFプリディストーションIC

nanoPower技術の基礎

nanoPower技術の基礎

nanoPower技術がエッジへインテリジェンスを提供するのにどのように役立つかを解説します。1µA以下の自己消費電流を備えた、小型、超低電力ICがどのように小型アプリケーションを可能にして妥協のない効率の向上とバッテリ寿命の延長を実現するかをご覧ください。

詳細はこちら › nanoPower

誤り訂正符号の基礎

コンピュータ機器がなぜ、どのようにエラーを検出し訂正するかを説明します。MAX32665低電力Arm®-Cortex®-M4マイクロコントローラを使って誤り訂正オプションを解説します。

詳細はこちら:MAX32665 ›

静電気放電の基礎

電磁エネルギーは、電磁干渉(EMI)などの不要な作用や、静電気放電(ESD)などによる損傷を引き起こす場合があります。このチュートリアルでは、ESDが発生する原因と、ESD発生に対するシステムの耐性を高める方法について説明します。

詳細はこちら › 信号ライン保護IC

高効率、車載シングル8A/12AステップダウンコンバータのMAX20011のご紹介

このビデオは、マキシムの高効率、車載シングル8A/12AステップダウンコンバータのMAX20011を紹介します。

マルチソース、高出力、高性能受電機器コントローラのMAX5992A/MAX5992Bのご紹介

このビデオは、マキシムのマルチソース、高出力、高性能受電機器コントローラのMAX5992A/MAX5992Bを紹介します。

Introduction to the MAX20057 MAX20457 MAX20458 36V Boost Controller with Two Synchronous Buck Converters (3.5A/2A) for Automotive Applications

This video provides an introduction to Maxim's Synchronous Buck Converters for Automotive Applications.

Deep Cover車載I2C認証用ICのDS28C40のご紹介

このビデオは、マキシムの車載セキュア認証用ICのDS28C40を紹介します。

高EFT耐性を備えた100Mbpsフルデュプレックス3V/5V RS-485/RS-422トランシーバのMAX22503Eのご紹介

このビデオは、マキシムの高EFT耐性を備えた100Mbpsフルデュプレックス3V/5V RS-485/RS-422トランシーバのMAX22503Eを紹介します。

残量ゲージのMAX17260とModelGauge m5 EZを使用するより高速なバッテリ残量測定

MAX17260XEVKITとModelGauge m5 EZグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を使用する効率的な残量測定手法によって市場投入までの時間の短縮を実現する方法をJasonがデモします。

詳細はこちら › MAX17260

バイオセンサーMAX30101を用いて、ユーザーのヘルスケアをサポート / 富士通コネクテッドテクノロジーズ社製のらくらくスマートフォン

富士通コネクテッドテクノロジーズでは、スマートフォンがシニアの健康への気づきを喚起して生活習慣改善への糸口になる事を期待して、初めてのスマートフォンユーザーでも使いやすいらくらくホンにヘルスケアの機能を搭載しました。MAX30101で取得できる脈波データを分析して血管年齢・ストレス診断という機能を実現しています。この革新的技術の成功にMAX30101がどのように貢献したかをご覧ください。

詳細はこちら:MAX30101 ›

残量ゲージのMAX17263とModelGauge m5 EZでバッテリ特性評価を不要にする

豊富な機能を備えたMAX17263GEVKITとModelGauge m5 EZグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を使用してバッテリ残量ゲージ特性評価という余分なステップを除去する方法をJasonが説明します。

詳細はこちら › MAX17263

使い捨て医療器具のセキュリティを容易に確保(日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

暗号機能を備え、コスト効率に優れたDS28E83 DeepCover® 1-Wire®セキュア認証用ICによって、使い捨て医療器具を保護することができます。これは耐放射線デバイスで、偽造やその他のセキュリティ侵害から使い捨て医療器具を保護します。

詳細はこちら:DS28E83 ›
「使い捨て医療器具のセキュリティを容易に確保」 ›

小型車載カメラモジュールの高性能化を促進

小型、高効率、4チャネルパワーマネージメントICのMAX20049は、優れた熱性能、高効率、およびフォルト監視によって車載カメラモジュールを向上させます。これらはすべて、安全性とドライバーの信頼を強化するための非常に重要な要素です。

詳細はこちら:MAX20049 ›

デジタルPowerTool GUIのデモ - ステップ4:デバイスタブ

ステップ4では、マキシムのデジタルパワーコントローラと共に使用されるMAXPOWERTOOL002 PowerTool GUIのデバイス固有のタブの重要性についてKarimが説明します。

詳細はこちら:MAXPOWERTOOL002 ›

デジタルPowerTool GUIのデモ - ステップ3:ダッシュボード

ステップ3では、MAXPOWERTOOL002 PowerTool GUIのインストール完了後にプログラムを起動する方法をKarimが紹介します。次に、自動補償デジタルPoLコントローラのMAX15301およびMAX15303と共にGUIを使用する方法を示し、機能をデモします。

詳細はこちら:MAXPOWERTOOL002 ›

デジタルPowerTool GUIのデモ - ステップ2:インストール

ステップ2では、マキシムのデジタルパワーコントローラと共に使用する最新のMAXPOWERTOOL002 PowerTool GUIをダウンロードする方法をKarimが紹介します。ソフトウェアのインストール方法について順を追って説明します。

詳細はこちら:MAXPOWERTOOL002 ›

車載DeepCoverセキュア認証用ICで偽造製品を防止

偽造アフターマーケット車載製品によってADASドライビング体験が損なわれる場合があります。マキシムのDeepCover®セキュア認証用IC (DS28C40など)は、サードパーティメーカーがアフターマーケット自動車修理用の重要な部品を複製することを不可能にします。

詳細はこちら:DS28C40 ›

シグナルチェーンでのアンプのオフセットと利得誤差

オフセットや利得などの一般的なアンプの要素によってシグナルチェーンに誤差が発生します。アンプのオフセットと利得誤差の背景にあるものをより深く理解することで、より効率的なシグナルチェーン設計方式を実現することができます。

詳細はこちら:アナログ製品 ›

チュートリアル:周波数合成のすべて

フェーズロックループ(PLL)によって可変周波数合成がどのように実現されるかを説明します。このビデオは、位相検出器、ループフィルタ、電圧制御発振器(VCO)、整数分周器/乗算器、およびフラクショナル分周の利点を含む、PLLの理論と設計を取り上げます。集積型周波数シンセサイザICを見つけるためのリソースを提供します。

詳細はこちら › PLLSおよびVCO

MAX77816

シームレスな電源の遷移を実現するためにバックブーストレギュレータのMAX77816を使用する利点

高効率バックブーストレギュレータMAX77816のバック動作モードとブースト動作モードの間のスムーズな遷移をKevinが紹介します。評価キットを使用して、単に電源モードを切り替えることによってバックブーストレギュレータの過渡的遷移をデモします。

詳細はこちら › MAX77816

DACブレークアウトボードのMAX5715BOBで設計を加速する

最新の開発ツールである超小型デジタル-アナログコンバータ(DAC)ブレークアウトボードのMAX5715BOBをDavidとKyleが紹介します。Arduino®およびMbed®対応プラットフォームのセットアップ方法と、自分の設計に合わせてMbedファームウェアをカスタマイズする方法を学び、次回のプロジェクトで貴重な時間を節約することができます。

詳細はこちら:MAX5715BOB ›

デジタルPowerTool GUIのデモ - ステップ1:はじめに

このビデオシリーズのステップ1では、デジタルパワーコントローラ用USB-PMBusインタフェースドングルのMAXPOWERTOOL002との組み合わせで動作するPowerTool GUIをKarimが紹介します。このソフトウェアと共に使用される標準的なハードウェアのセットアップをデモします。

詳細はこちら:MAXPOWERTOOL002 ›

電流検出アンプのMAX40056によるPWM環境でのDCモーター電流検出

電流検出アンプのMAX40056によるPWM環境でのDCモーター電流検出

双方向電流検出アンプのMAX40056が3相ブラシレスDC (BLDC)モーターシステムでどのように高コモンモードPWM信号の除去を行ってトルクと速度を高精度で測定するかをAshwinが実証します。

詳細はこちら › MAX40056

小型1.8V~5.5V入力、330nA IQ、700mA nanoPowerバックコンバータのMAX38640A/MAX38641A/MAX38642A/MAX38643A/MAX38640B/MAX38641B/MAX38642B/MAX38643Bのご紹介

このビデオは、マキシムの小型1.8V~5.5V入力、330nA IQ、700mA nanoPowerバックコンバータのMAX38640A、MAX38641A、MAX38642A、MAX38643A、MAX38640B、MAX38641B、MAX38642B、MAX38643Bを紹介します。

ブースト/SEPICコントローラ内蔵車載I2C 6チャネル120mAバックライトドライバのMAX20446のご紹介

このビデオは、車載ディスプレイ用のブーストコントローラ内蔵6チャネルバックライトドライバのMAX20446を紹介します。内蔵の電流出力はそれぞれ最大120mAのLED電流をシンク可能です。このデバイスは広い4.5V~36Vの入力電圧範囲に対応し、直接的な車載ロードダンプイベントに耐えることができます。

4.5V~36V、4.25A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17634A、MAX17634B、およびMAX17634Cのご紹介

このビデオは、マキシムの4.5V~36V、4.25A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17634A、MAX17634B、およびMAX17634Cを紹介します。

自動パス制御内蔵デュアル入力、双方向過電圧プロテクタのMAX14727/28/31のご紹介

このビデオは、高価な民生用回路に最大+28VDCの2つの正の電圧フォルトに対する保護を提供するMAX14727/MAX14728/MAX14731を紹介します。

車載高電圧HB LEDコントローラのMAX25611A/MAX25611B/MAX25611C/MAX25611Dのご紹介

このビデオは、マキシムの簡素な車載高電圧HB LEDコントローラのMAX25611を紹介します。

Introduction to the MAXM15465 MAXM15466 MAXM15467 4.5V to 42V, 300mA Himalaya uSLIC™ Step-Down Power Module

This video provides an introduction to the MAXM15465/66/67, a 4.5V to 42V, 300mA Himalaya step-down power modules.

14µVRMS低ノイズ500mA LDOリニアレギュレータのMAX38902Eのご紹介

このビデオは、最大500mAの出力電流を供給し、出力ノイズは10Hz~100kHzの範囲でわずか14µVRMSの低ノイズリニアレギュレータのMAX38902Eを紹介します。

強化、高速、低電力、4チャネル3.75kVRMSデジタルアイソレータのMAX22344/45/46のご紹介

このビデオは、マキシムの独自プロセス技術を使用した強化、高速、低電力4チャネルデジタルガルバニックアイソレータのMAX22344~MAX22346を紹介します。

超高CMTI絶縁型ゲートドライバのMAX22700E/D、MAX22701E/D、およびMAX22702E/Dのご紹介

このビデオは、マキシムの超高CMTI絶縁型ゲートドライバのMAX22700E/D、MAX22701E/D、およびMAX22702E/Dを紹介します。

Introduction to the DS2477 DeepCover® Secure SHA-3 Coprocessor with ChipDNATM PUF Protection

This video provides an introduction to the DS2477, a DeepCover Secure SHA-3 Coprocessor with ChipDNA PUF Protection

低電力モード内蔵LiDARアプリケーション用トランスインピーダンスアンプのMAX40660/MAX40661のご紹介

このビデオは、マキシムの低電力モード内蔵LiDARアプリケーション用トランスインピーダンスアンプのMAX40660/MAX40661を紹介します。

車載ディスプレイ用超広PWM調光比および位相シフト内蔵集積型、6チャネル高輝度LEDドライバのMAX20056Bのご紹介

このビデオは、マキシムの車載ディスプレイ用超広PWM調光比および位相シフト内蔵集積型、6チャネル高輝度LEDドライバのMAX20056Bを紹介します。

6チャネル、低電力、3.75kVRMS SPIデジタルアイソレータのMAX14483のご紹介

このビデオは、マキシム独自のプロセス技術を使用した6チャネル、3.75kVRMSデジタルガルバニックアイソレータのMAX14483を紹介します。

ChipDNA PUF保護内蔵DeepCover®セキュアSHA-3認証用ICのDS28C50のご紹介

このビデオは、マキシムのChipDNA PUF保護内蔵DeepCover®セキュアSHA-3認証用ICのDS28C50を紹介します。

ADCおよびI2C内蔵16ビットマイクロコントローラのMAX28200のご紹介

このビデオは、スマートフォンおよび民生用電子機器を含む低電力アプリケーション用に設計された低電力、16ビットMAXQマイクロコントローラのMAX28200を紹介します。

車載照明用12チャネルマトリクスマネージャのMAX20092の紹介

このビデオは、最大1.5Aのマトリクス/ピクセル車載照明を実現する12チャネル、柔軟で高速なマトリクスマネージャのMAX20092を紹介します。

セキュアアプリケーション用低電力ARM Cortex-M4マイクロコントローラのMAX32570のご紹介

このビデオは、マキシムのセキュアアプリケーション用低電力ARM Cortex-M4マイクロコントローラのMAX32570を紹介します。

DS28E16 DeepCover® 1-Wire SHA-3セキュア認証用ICのご紹介

このビデオは、DS28E16 DeepCover® 1-Wire SHA-3セキュア認証用ICを紹介します。

3.5µAのIQを備えた36V、3.5AバックコンバータのMAX20079のご紹介

このビデオは、ハイサイドおよびローサイドスイッチを内蔵した小型、同期整流バックコンバータのMAX20079を紹介します。

超低自己消費電流、低ノイズ3.5WバックブーストレギュレータMAX20343のご紹介

このビデオはマキシムの光検出およびIoT用3.5W超低IQバックブーストのMAX20343を紹介します。

20V、低入力バイアス電流、低ノイズ、デュアルオペアンプのMAX40242のご紹介

このビデオは、デュアルチャネルで高電圧、低ノイズ、低入力バイアス電流の組合せを提供し、出力でのレール・ツー・レールを特長とするMAX40242を紹介します。

JESD204Bインタフェース内蔵16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DACのMAX5871のご紹介

このビデオは、JESD204Bインタフェースを内蔵した16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DACのMAX5871を紹介します。

小型、コスト効率に優れた、プラグ&プレイデジタルD級アンプのMAX98360A/MAX98360B/MAX98360C/MAX98360Dのご紹介

このビデオは、マキシムの小型、コスト効率に優れた、プラグ&プレイデジタルD級アンプのMAX98360A/MAX98360B/MAX98360C/MAX98360Dを紹介します。

Introduction to the MAX22513 Surge Protected Dual Driver IO-Link Device Transceiver with DC/DC

This video provides an introduction to the MAX22513 dual-channel low power IO-Link device transceiver which features a selectable control interface, internal high-efficiency DC-DC buck regulator, two internal linear regulators, and integrated surge protection for robust communication.

パラレル出力内蔵高速、オクタル(8回路)、産業用デジタル入力のMAX22195の紹介

このビデオは、IEC 61131-2準拠産業用デジタル入力デバイスのMAX22195を紹介します。MAX22195は、8つの24V産業用デジタル入力を8つのCMOS対応、パラレル出力に変換します。

DOCSIS 3.1高密度SCQAMおよびOFDMダウンストリームケーブル変調器のMAX5861のご紹介

このビデオは、マキシムのDOCSIS 3.1高密度SCQAMおよびOFDMダウンストリームケーブル変調器のMAX5861を紹介します。

高電圧多相ブーストコントローラのMAX15158Zのご紹介

Introduction to the MAXM17633 MAXM17634 MAXM17635 4.5V to 36V, 2A Himalaya uSLIC Step-Down Power Modules

This video provides an introduction to Maxim’s 4.5V to 36V, 1A High Efficiency, Synchronous DC-DC Step-Down uSLIC Power modules – the MAX17633/4/5.

4.5V~24V/42V/60V、300mA、Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュールのMAXM15062/63/64/65/66/67、MAXM15462/63/64/65/66/67、MAXM17901/03/04/05/06のご紹介

このビデオは、マキシムの300mA Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュールを紹介します。

電源シーケンサと3µAのIQを備えた3出力SIMOバックブーストレギュレータのMAX77680およびMAX77681のご紹介

このビデオは、常時オン、低電力アプリケーションミニPMICのMAX77680およびMAX77681を紹介します。これらのデバイスは単一インダクタを内蔵し、3つのバックブースト出力を備えています。

Introduction to the MAXQ1062 DeepCover Cryptographic Controller for Embedded Devices

This video provides an introduction to the MAXQ1062, a cryptographic controller that makes it fast and easy to implement full security for embedded, connected products without requiring firmware development.

USB Type-C 3AスイッチモードバックチャージャのMAX77860のご紹介

このビデオは、CC検出、リバースブースト、およびADCを内蔵したUSB Type-C 3AスイッチモードバックチャージャのMAX77860を紹介します。

4.5V~36V、1Aおよび1.5A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17630およびMAX17631のご紹介

このビデオは、マキシムのMOSFET内蔵高効率、高電圧、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17630およびMAX17631を紹介します。

Introduction to the MAX16150 Nano-Power Pushbutton ON/OFF Controller and Battery Freshness Seal

This video provides an introduction to the MAX16150, a pushbutton on/off controller with a switch de-bouncer and built-in latch.

低電力モード内蔵可変電流制限スイッチのMAX20333のご紹介

このビデオは、マキシムの新しい低電力モード内蔵可変電流制限スイッチのMAX20333を紹介します。

7Aシンク、3Aソース、12ns、SOT23 MOSFETドライバのMAX25615のご紹介

7Aシンク、3Aソース、12ns、SOT23 MOSFETドライバのMAX25615のご紹介

Introduction to the MAX38904A/B/C/D 2A Low Noise LDO Linear Regulator in TDFN

This video provides an introduction to Maxim's Low Noise LDO Linear Regulator in TDFN - the MAX38904A MAX38904B MAX38904C MAX38904D.

Introduction to the MAX36010-11 Security Supervisor with Tamper Detection and Cryptography

This video provides an introduction to the MAX36010 and MAX36011, which are low-power security supervisors designed for many applications that require certificate-based or other public key cryptography schemes.

集積型4.5V~60V同期整流1.5A高電圧バックおよびデュアル2.7V~5.5V、1AバックレギュレータのMAX17673のご紹介

このビデオは、集積型4.5V~60V同期整流1.5A高電圧バックおよびデュアル2.7V~5.5V、1AバックレギュレータのMAX17673を紹介します。

Introduction to the MAX17686 4.5V to 60V, 5W High Efficiency, Iso-Buck DC-DC Converter

This video provides an introduction to the MAX17686 a high-voltage, high-efficiency, iso-buck DC-DC converter designed to provide isolated power up to 5W.

車載カメラアプリケーション用クワッド出力ミニPMICのMAX25249/MAX25249Bのご紹介

このビデオは、マキシムのLDOを内蔵した車載カメラ電源用の柔軟なミニデュアル2.2MHz、500mAバックコンバータのMAX25249およびMAX25249Bを紹介します。

超小型、低RON、Beyond-the-Rails DPSTアナログスイッチのMAX20336のご紹介

このビデオは、Beyond-the-Rails機能を備え、電源が信号範囲を下回る場合でも歪みなく-5.5V~+5.5Vの信号を通過させることが可能な超小型、低オン抵抗、双極/単投アナログスイッチのMAX20336を紹介します。

同期整流高電圧4スイッチバックブーストLEDコントローラのMAX25600のご紹介

このビデオは、同期整流4スイッチバックブーストLEDドライバコントローラのMAX25600を紹介します。

超低電圧降下を備えた超小型マイクロパワー、1A理想ダイオードのMAX40203のご紹介

このビデオは、電圧降下が非常にわずかでショットキーダイオードより約1桁小さい理想ダイオード電流スイッチのMAX40203を紹介します。

車載高電圧HB LEDコントローラのMAX25611A/MAX25611Bのご紹介

このビデオは、ハイビーム、ロービーム、日中走行用ライト(DRL)、ウィンカー、フォグランプ、その他のLEDライトなどの車載フロントライトアプリケーション用のシングルチャネルHBLEDドライバのMAX25611を紹介します。

6チャネルデジタルアイソレータのMAX14851のご紹介

このビデオは、マキシムの独自プロセス技術を利用した6チャネルデジタルアイソレータのMAX14851を紹介します。モノリシックな設計によって、異なる電源ドメインの回路間に小型で低コストのデジタル信号の転送を提供します。

小型1.8V~5.5V入力、330nA IQ、700mA nanoPowerバックコンバータのMAX38640Aのご紹介

このビデオは、小型1.8V~5.5V入力、330nA IQ、700mA nanoPowerバックコンバータのMAX38640Aを紹介します。

小型TDFN (2mm × 2mm)に封止されたリファレンス内蔵マイクロパワーデュアル車載コンパレータのMAX49017のご紹介

このビデオは、小型TDFN (2mm × 2mm)に封止されたマキシムのリファレンス内蔵ナノパワーデュアル車載コンパレータのMAX49017を紹介します。

Introduction to the MAX20444B Automotive 4-Channel 130mA Backlight Driver with Boost/SEPIC Controller and I2C Interface

This video provides an introduction to the MAX20444B, an automotive 4-channel 130mA backlight driver with boost/SEPIC controller and I2C interface for automotive display applications.

インダクタを内蔵した4.5V~76V、1A高効率、DC-DCステップダウンパワーモジュールのMAXM17761のご紹介

このビデオは、FETを内蔵した同期整流ステップダウンDC-DCコンバータ、完全シールドされたインダクタ、および補償部品を組み合わせて、薄型の、放熱効率の高い、システムインパッケージ(SiP)に実装した、使いやすいパワーモジュールのMAXM17761を紹介します。

過電圧およびサージ保護を備えたデュアルSPDTデータラインスイッチのMAX20334のご紹介

このビデオは、マキシムの新しい過電圧およびサージ保護を備えたデュアルSPDTデータラインスイッチのMAX20334を紹介します。

12µVRMS低ノイズ500mA LDOリニアレギュレータのMAX38902A/B/C/Dのご紹介

このビデオは、最大500mAの出力電流を供給し、出力ノイズは10Hz~100kHzの範囲でわずか12µVRMSの、低ノイズ、リニアレギュレータのMAX38902A/B/C/Dを紹介します。

5.5V、1.5A超低IQ高効率バックブーストコンバータのMAX77827のご紹介

このビデオは、1.8V~5.5Vの入力電圧範囲を備えた1A対応高効率バックブーストコンバータのMAX77827を紹介します。また、このデバイスがどのように同クラスのバックブーストコンバータの中で最高の性能および業界最低のIQを備えているかを説明します。

高精度HV対応ID検出器のMAX20330Aの紹介

このビデオは、イネーブル時にID抵抗値を検出するID検出ICのMAX20330Aを紹介します。このデバイスは検出電流を自動的に調整し、平均消費電流を低く抑えながら広範囲のID抵抗値をチェックします。

プロテクタ内蔵1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17303/MAX17313のご紹介

このビデオは、マキシムのプロテクタ内蔵1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17303およびMAX17313を紹介します。

Introduction to the MAX21610 Automotive 16-Channel 100mA Local Dimming Backlight Driver with SPI Interface

This video provides an introduction to the Automotive 16-Channel 100mA Local Dimming Backlight Driver with SPI Interface for Automotive Display applications – the MAX21610.

Introduction to the MAX40025C/MAX40026 280ps High-Speed Comparator, Ultra-Low Dispersion with LVDS Outputs

This video provides an introduction to the MAX40025C and MAX40026, which are 280ps High-Speed Comparator, Ultra-Low Dispersion with LVDS Outputs

T/Rスイッチおよびエンベデッドビームフォーミング内蔵オクタル(8回路) 5レベルパルサーのMAX14815のご紹介

このビデオは、マキシムのT/Rスイッチおよびエンベデッドビームフォーミング内蔵オクタル(8回路) 5レベルパルサーのMAX14815を紹介します。

3.5V~36V、2A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17662のご紹介

このビデオは、マキシムの3.5V~36V、2A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17662を紹介します。

超低電力生体センサーハブのMAX32664のご紹介

このビデオはエンベデッドファームウェアおよびアルゴリズムを備えたウェアラブル用センサーハブファミリーのMAX32664を紹介します。

50mAリニアレギュレータ内蔵集積型4V~60V、150mA、Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュールのMAXM17712、MAXM17720、およびMAXM17724のご紹介

このビデオは、マキシムの50mAリニアレギュレータ内蔵集積型4V~60V、150mA、Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュールのMAXM17712、MAXM17720、およびMAXM17724を紹介します。

診断機能を内蔵した小型産業用オクタル(8回路) 1A/クワッド2AハイサイドスイッチのMAX14916のご紹介

このビデオは、マキシムの診断機能を内蔵した小型産業用オクタル(8回路) 1A/クワッド2AハイサイドスイッチのMAX14916を紹介します。

ブースト内蔵デジタルD級DSMスマートアンプのMAX98390のご紹介

このビデオは、ブースト内蔵デジタルD級DSMスマートアンプのMAX98390を紹介します。

小型リチウムイオンシステム用の超低IQ電圧レギュレータおよびバッテリチャージャ内蔵PMICのMAX14745およびMAX20335の紹介

このビデオは、低電力ウェアラブルアプリケーションに最適なバッテリ充電管理ソリューションのMAX14745およびMAX20335を紹介します。

TDFNおよびWLPに封止された1A低ノイズLDOリニアレギュレータのMAX38903A/MAX38903B/MAX38903C/MAX38903Dのご紹介

このビデオは、わずか7µVRMSで最大1Aの出力電流を供給する低ノイズリニアレギュレータのMAX38903A/B/C/Dを紹介します。

Introduction to the MAX31342 Low Current Real Time Clock with I2C Interface

This video provides an introduction to the MAX31342 low-current, real-time clock (RTC) is a time-keeping device that provides an extremely low timekeeping current, permitting longer life from a power supply.

PWM除去内蔵、双方向電流検出アンプのMAX40056F/T/Uのご紹介

このビデオは、-0.1V~+65Vにわたる入力コモンモード範囲と、-5Vまでの負の誘導性キックバック電圧に対する保護を備えた双方向電流検出アンプのMAX40056を紹介します。

セラミックパッケージの低ノイズ、高精度シリーズ電圧リファレンスのMAX6079/MAX6279/MAX6226の紹介

このビデオは、超低ノイズおよび低ドリフトの電圧リファレンスを小型3x3mmのセラミックパッケージで提供するMAX6079、MAX6279、およびMAX6226を紹介します。

Apple iPhone/iPadおよびUSB 2.0充電検出内蔵3A車載ハイスピードUSBプロテクタのMAX16972およびMAX16972Aのご紹介

このビデオは、マキシムのApple iPhone/iPadおよびUSB 2.0充電検出内蔵、3A車載ハイスピードUSBプロテクタのMAX16972およびMAX16972Aを紹介します。

マルチバンドユニバーサルGNSSレシーバのMAX2771のご紹介

このビデオは、マルチ衛星/マルチバンド対応、および優れたRF性能によって最高の位置精度を実現するマルチバンドユニバーサルGNSSレシーバのMAX2771を紹介します。

車載クワッド/トリプル低電圧ステップダウンDC-DCコンバータのMAX20029/MAX20029B/MAX20029Cのご紹介

このビデオは、4つの低電圧、高効率、ステップダウンDC-DCコンバータを内蔵したパワーマネージメントIC (PMIC)のMAX20029/MAX20029B/MAX20029Cを紹介します。

保護内蔵車載USB Type-A-Type-CポートコンバータのMAX20463のご紹介

このプレゼンテーションは、保護を内蔵した車載USB Type-A-Type-CポートコンバータのMAX20463を紹介します。

Introduction to the MAX20480 Automotive ASIL-D 7-channel power system monitor

This video provides an introduction to the MAX20480, a complete ASIL-D compliant power system monitor with up to seven voltage monitor inputs.

14Vin 3A高効率バックコンバータのMAX77504のご紹介

このビデオは、マキシムの14Vin 3A高効率バックコンバータのMAX77504を紹介します。

車載同期整流高電圧LEDコントローラのMAX25612のご紹介

このビデオは、マキシムの車載同期整流高電圧LEDコントローラのMAX25612を紹介します。

2レベルプロテクタおよびSHA-256認証内蔵1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17301とMAX17311のご紹介

このビデオは、2レベルプロテクタおよびSHA-256認証を内蔵したマキシムの1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17301およびMAX17311を紹介します。

500mA~6A可変電流制限スイッチのMAX20313~16のご紹介

このビデオは、内部電流制限を備え、障害がある負荷状態によるホストデバイスの損傷を防ぐ、設定可能な電流制限スイッチのMAX20313~MAX20316を紹介します。

シングルインダクタ、3出力バックブースト、2 LDO、小型リチウムイオン用パワーパスチャージャ、および出荷時モード内蔵超低電力PMICのMAX77654のご紹介

このビデオは、低電力民生用アプリケーション用の世界最高のソリューションの1つであるマキシムのMAX77654を紹介します。

±65Vフォルト保護、±25V CMR、および±25kV ESDを備えた+3.3V、2Mbps CANトランシーバのMAX33053E/54Eの紹介

このビデオは、産業アプリケーション用の保護を内蔵した+3.3V CAN (コントロールエリアネットワーク)トランシーバのMAX33053EおよびMAX33054Eを紹介します。

Introduction to the MAX14828 Low-Power, Ultra-Small IO-Link Device Transceiver

This video provides an introduction to the MAX14828, a Single 250mA IO-Link Transceiver + DI.

4.5V~60V入力、超小型、高効率、絶縁型バックDC-DCコンバータのMAX17687のご紹介

このビデオは、4.5V~60V、高効率、絶縁型DC-DCコンバータのMAX17687を紹介します。

車載低電圧2チャネルステップダウンコントローラのMAX20412のご紹介

このビデオは、3.0V~5.5Vの入力電圧範囲で動作し、0.25V~1.275Vの出力電圧範囲を提供するデュアル出力、高効率同期整流ステップダウンコントローラICのMAX20412を紹介します。

USB Type-C CCピン過電圧プロテクタのMAX20323のご紹介

このビデオは、過電圧スレッショルドおよびサージ保護を内蔵し、スイッチをオフにしてUSB type-CのCC/SBUピンの損傷を防ぐ過電圧プロテクタのMAX20323/A/B/C/D/E/Fを紹介します。

Introduction to the MAX32591 DeepCover Secure Microcontroller with ARM926EJ-S Processor Core

This video provides an introduction to the MAX32591; a DeepCover Secure Microcontroller with ARM926EJ-S Processor Core

低ノイズLDO内蔵車載クワッド、低電圧ステップダウンDC-DCコンバータのMAX20026/MAX20026Sのご紹介

このビデオは、マキシムの低ノイズLDO内蔵車載クワッド、低電圧ステップダウンDC-DCコンバータのMAX20026およびMAX20026Sを紹介します。

12V対応、低RON、Beyond-the-Rails DPDTアナログスイッチのMAX20327の紹介

このビデオは、超小型、低オン抵抗(RON)双極/双投(DPDT)アナログスイッチのMAX20327を紹介します。このデバイスはBeyond-the-Rails機能を備え、電源が信号範囲を下回る場合でも歪みなく-5.5V~+12Vの信号を通過させることが可能です。

ウィンドウWDおよびOV内蔵小型TDFN (2 × 2) 1%精度UV/OV電圧モニタのMAX16136のご紹介

このビデオは、ウィンドウWD、MR、およびOVを小型TDFN (2 × 2)に内蔵したマキシムの1%精度UV/OV電圧モニタのMAX16136を紹介します。

SP800-90A/B TRNG内蔵ChipDNAセキュアArm Cortex M4マイクロコントローラのMAX32520のご紹介

このビデオは、マキシムのSP800-90A/B TRNG内蔵ChipDNAセキュアArm Cortex M4マイクロコントローラのMAX32520を紹介します。

Introduction to the MAX17853 14-Channel, High-Voltage Smart Sensor Data-Acquisition Interface

This video provides an introduction to the MAX17853, a programmable, highly integrated, high-voltage, 14-channel battery-monitoring smart data-acquisition interface with extensive features for safety.

同軸またはSTP入力およびLVDS出力用3.12Gbps GMSLデシリアライザのMAX9278B/82Bのご紹介

このビデオは、50Ω同軸または100Ωシールドツイストペア(STP)ケーブル上でGMSLシリアライザからのデータを受信し、4つの中から3つのデータレーンLVDS出力(oLDI)上にデシリアライズされたデータを出力するギガビットマルチメディアシリアルリンク(GMSL)デシリアライザのMAX9278B/MAX9282Bを紹介します。

ChipDNA PUF保護内蔵DeepCoverセキュアSHA-3認証用ICのDS28E50の紹介

DS28E50は、マキシムの特許取得済みChipDNA PUF技術を採用したECDSAパブリック鍵(公開鍵)ベースのセキュア認証用ICです。ChipDNA技術は物理的複製防止機能(PUF)を含んでいるため、DS28E50は侵入型物理攻撃に対するコスト効率の良い保護を提供することができます。

プロテクタおよびSHA-256認証内蔵1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージのMAX17302/MAX17312のご紹介

このビデオは、プロテクタおよびSHA-256認証を内蔵した1セルリチウムイオン/ポリマーバッテリ用の24µA IQのスタンドアロンパック側残量ゲージICのMAX17302/MAX17312を紹介します。

Introduction to the MAX41460-64 300-960MHz sub-GHz Transmitter

This video provides an introduction to the MAX41460 using a SPI programming interface while the MAX41461 thru MAX41464 parts feature an I2C interface as well as preset modes (pin-selectable output frequencies using only one crystal frequency)

698MHz~3800MHz RFパワーアンプリニアライザ(RFPAL)のSC1905のご紹介

このビデオは、一般的なRF PAリニアライザ(RFPAL)のSC1894のピンコンパチブルアップグレードで、最大100MHzの信号帯域幅に対応するSC1905を紹介します。

Introduction to the MAX20077 / MAX25277 36V, 2.5A Mini Buck Converter with 3.5uA IQ

This video provides an introduction to the MAX20077/MAX25277 which is a small, synchronous buck converter with integrated high-side and low-side switches.

同軸またはSTP出力およびHDMI入力用3.12Gbps GMSLシリアライザのMAX9291BおよびMAX9293Bのご紹介

このビデオは、HDMI入力をギガビットマルチメディアシリアルリンク(GMSL)出力に変換し、15m以上の50Ω同軸または100Ωシールドツイストペア(STP)ケーブル上でのビデオ、オーディオ、および制御信号の伝送を可能にするGMSLシリアライザのMAX9291B/MAX9293Bを紹介します。

4.5V~42V、300mA Himalaya uSLICステップダウンパワーモジュールのMAXM15462のご紹介

このビデオは、スペースを節約し発熱を低減する、新しいマイクロSLICパッケージに封止された、4.5V~42V、300mA同期整流バック、高効率、パワーモジュールのMAXM15462を紹介します。

Introduction to the MAX20461 Automotive High-Current Step-Down Converter with USB-C Protection/Host Charger

This video provides an introduction to the MAX20461, an automotive high-current step-down converter with USB-C protection/host charger.

保護内蔵IO-LinkトランシーバのMAX22515のご紹介

このビデオは、マキシムの保護内蔵IO-LinkトランシーバのMAX22515を紹介します。

2V~36V、2.1MHz、0.6A/1.2A車載バックブーストコンバータのMAX20039~40のご紹介

このビデオは、マキシムの2V~36V、2.1MHz、0.6A/1.2A車載バックブーストコンバータのMAX20039~40を紹介します。

動作電流15µAの36V、220kHz~2.2MHz、6A/8A全機能内蔵ステップダウンコンバータのMAX20006E / MAX20008Eのご紹介

このビデオは、15µAの動作電流を備えたマキシムの36V、220kHz~2.2MHz、6A/8A全機能内蔵ステップダウンコンバータのMAX20006EおよびMAX20008Eを紹介します。

高精度クワッド、任意入力電圧モニタおよびリセットのMAX16160のご紹介

このビデオは、マキシムの高精度クワッド、任意入力電圧モニタおよびリセットのMAX16160を紹介します。

Introduction to the DS28E39 DeepCover® Secure ECDSA Authenticator with ChipDNATM PUF Protection

This video provides an introduction to the DS28E39 which is a DeepCover® Secure ECDSA Authenticator with ChipDNATM PUF Protection

内部補償を備えた4.5V~60V、4A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17576のご紹介

このビデオは、マキシムの内部補償を備えた4.5V~60V、4A、高効率、同期整流ステップダウンDC-DCコンバータのMAX17576を紹介します。