血液ガスアナライザ

説明

患者のモニタリングと診断に広く使用されている血液ガスアナライザは、血中の様々な気体を定量化し分析します。これらの機器の動作は、血糖値モニタに似ています。化学試薬を血液サンプルと混合し、光学センサーまたは電気化学センサーを使用して検査します。血液サンプルの測定値を較正用試薬と比較して結果を算定します。


血液ガスアナライザは、単純な血液検査に使用されることがよくあります。また、様々な状況で医師が患者の健康状態をモニタすることができる一連の高度な検査にもよく使用されます。臨床診断のほか、血液ガスアナライザは、呼吸療法や診療現場での診断でも使用されるようになっています。これらの市場では、装置の小型化と高度化が要求されます。小型(場合によってはハンドヘルド)で、血糖や電解質の分析など、複数の検査機能を内蔵していることが必要です。こうした検査の汎用性によって装置のコスト効率が高まります。

信号経路


大部分の血液ガスアナライザは、アンプとマルチプレクサを介してアナログ-デジタルコンバータ(ADC)に導かれる複数のセンサーを備えています。データはマイクロコントローラで処理し、RS-232、USB、またはイーサネットによってPCやその他の機器に接続します。センサーアンプを較正して電極の感度を最大化するために、デジタル-アナログコンバータ(DAC)を使用することがよくあります。

ページのトップへ戻る |

ディスプレイ


最近の血液ガスアナライザでは、プログラミングのプロセスをわかりやすくするために、タッチスクリーンとグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を組み合わせて使用することが多くなっています。ユーザーの入力に対して視覚的、聴覚的、および触覚的に応答することによって、より操作性の高い設計が可能になります。マキシムの高度なタッチスクリーンコントローラは、触覚型のフィードバック、タッチ処理によるバストラフィックの低減、自律モードによる高精度のジェスチャ認識を実現します。

ページのトップへ戻る |


3.5V~36V、2A/3A、同期整流バックコンバータ、15µA自己消費電流および低EMI

MAX17242

信頼性動作(入力過渡保護42V)、長いバッテリ寿命(15µA IQ)およびEN55022 EMI性能。

2.75V~4.8V入力、10mA出力、35µVRMS超低ノイズ/リップルのブーストレギュレータ

MAX77231

わずか35µVRMSリップル/ノイズの小型ブースト。

300mA、バックコンバータ、1.1µA IQ

MAX77596

このスイッチを内蔵した小型、同期整流バックコンバータは、3.5V~24Vの入力電圧で最大300mAを供給可能で、無負荷時の自己消費電流はわずか1.1µAです。

0.4V~5.5V入力、同期整流ブーストレギュレータ

MAX17222

300nAのIQを95%のピーク効率で提供し、ソリューションサイズを最大50%削減


オペアンプ(OA) マルチプレクサ オペアンプ(OA) 電圧リファレンス(VREF) 電圧リファレンス(VREF) マイクロコントローラユニット(MCU) RS-232 ユニバーサルシリアルバス(USB) 温度センサー 発光ダイオード(LED)バックライト DC-DC 低ドロップアウト(LDO) 残量ゲージ バッテリチャージャ内蔵回路(IC) 電圧監視回路 アナログ-デジタルコンバータ(ADC) デジタル-アナログコンバータ(DAC) オペアンプ(OA)/計測アンプ(IA)/プログラマブルゲインアンプ(PGA)
種類 型番 タイトル
評価ボード MAX3223EEVKIT MAX3223Eの評価キット