先頭に戻る

nanoPower Technology

Lower Your IQ (IQを低減)

バッテリ駆動時間と在庫寿命の延長は、小型化が進み、そのほとんどが常に機能の増加を必要とする今日の機器に給電する上で非常に重要です。新しいウェアラブル、ヘルスモニタリング、モノのインターネット(IoT)、モバイル、その他のスマート、コネクテッド機器を適切にサポートする場合は、低自己消費電流(IQ)の技法に熟練する必要があります。電源の自己消費電流は、システムのスタンバイ消費電力の最大の要因です。IQの低減は、設計において最も効率的な電力と最長のバッテリ駆動時間を実現するための最良の手法の1つです。

 nanoPowerビルディングブロックのeブック ›

 

nanoPower Technology


nanoPower Technology:なぜIQを下げる方が賢明なのか

自己消費電流、またはIQは、システムのスタンバイ消費電力の最大の原因です。設計において、自己消費電流の低減は、最も効率的な電力と最長のバッテリ駆動時間を提供するための最良の手法の1つです。

最長のバッテリ駆動時間

マキシムのレギュレータは、1µA以下の自己消費電流と非常に高効率の動作によってバッテリ消費を大幅に削減し、より長いバッテリ駆動時間を実現します。

より小型のソリューションサイズ

小型のパッケージと、より小型で少数の外付け部品によって、最大50%のスペースの節約を実現します。

nanoPower TechnologyとDARWINマイクロコントローラの組み合わせ

nanoPower Technologyの超低電流と、スマートで、スリムで、タフなDARWINマイクロコントローラを組み合わせるとどうなるでしょう? IoTのドリームチームが誕生します。IoTシステムでは、すべてのコンポーネントが協調して動作し、バッテリ充電の間の時間を最大化または充電を不要にするとともに、何年にもわたる高信頼性のサービスを提供する必要があります。DARWINマイクロコントローラとnanoPowerファミリの製品を組み合わせると、最長のバッテリ駆動時間と最小の形状が実現します。

ページのトップへ戻る |

nanoPower uSLICモジュール


マキシムのnanoPower技術uSLICモジュールは、nanoPowerの利点と集積パッケージ技術を組み合わせ、小型実装面積のモジュールを作成します。これらのモジュールは、ブーストおよびバックの両方の構成で提供され、ベースとなるICの優れた効率、自己消費電流、および低シャットダウン電流と、より小型の実装面積および市場投入までの時間の短縮というuSLICモジュールの利点を兼ね備えています。

Para Icon nanoPower uSLICステップアップモジュール

Para Icon nanoPower uSLICステップダウンモジュール

ページのトップへ戻る |

nanoPower DC-DCレギュレータ


nanoPower DC-DCコンバータは、低電力機器に業界最小のソリューションサイズおよび最長のバッテリ駆動時間を提供します。マキシムのnanoPowerレギュレータは、最高の効率と最小の自己消費電流を備え、アクティブおよびスタンバイ動作を最大化します。ソリューションサイズを最大50%削減することが可能で、95%以上のピーク効率によって発熱が最小限に抑えられます。そのため、マキシムのnanoPowerレギュレータは、ウェアラブル、IoT、およびワイヤレスアプリケーション用に設計された機器などの、小型、バッテリ動作の低電力機器に最適です。

nanoPowerブーストレギュレータ

マキシムのnanoPowerブーストレギュレータは、業界最小のソリューションサイズおよび最長のバッテリ駆動時間を低電力機器に提供します。

自己消費電流がわずか300nAのため、スタンバイモード時のバッテリ消費が大幅に低減します。軽負荷時の95%のピーク効率によってバッテリ駆動時間が延長されます。固定オン時間を備えたパルス周波数変調(PFM)制御方式によって、広い出力電流範囲にわたって高効率を提供します。

True Shutdownモードは、消費電流がわずか0.5nAで、外付けスイッチが不要です。また、スイッチング周波数が高いほど、より小型の外付けインダクタを使うことができます。さらに、1つのセレクタ抵抗によって、必要な外付け部品の数を削減することができます。その結果、マキシムのソリューションサイズは4つの外付け部品のみを使用して6.75mm2まで小型化することが可能です。

Para Icon nanoPowerブーストレギュレータ

nanoPowerバックレギュレータ

マキシムの高効率nanoPowerバックレギュレータは、高性能、広い動作温度範囲、および小型パッケージの最良のバランスを提供します。これらのレギュレータは330nAの超低自己消費電流を備えているため、長いバッテリ駆動時間が不可欠なポータブルの、スペースに制約のある民生用製品に最適です。

わずか5nAの電流を使用するTrue Shutdownモードは、外付けスイッチを不要にし、マルチモード動作は高い軽負荷効率を確保します。1つのセレクタ抵抗の利用によって、必要な外付け部品の数が削減されます。そのため、マキシムのブーストレギュレータと同様に、マキシムのソリューションサイズは4つの外付け部品のみを使用して6.75mm2まで小型化することが可能です。

ページのトップへ戻る |

nanoPowerアンプ


マキシムのnanoPowerオペアンプ、コンパレータ、および電流検出アンプは自己消費電流がわずか数nAで、最長のバッテリ駆動時間を実現します。これらのデバイスは小型、省スペースのパッケージで提供されます。そのため、マキシムのnanoPowerアンプはウェアラブル、ポータブル、IoT、およびワイヤレスアプリケーション用に設計される製品のような小型、バッテリ動作、および低電力機器に最適です。

nanoPowerオペアンプ

nanoPowerオペアンプは消費電流が1µA以下です。これらのデバイスは小型パッケージオプションを備え、低電圧動作、レール・ツー・レール出力機能、低入力バイアス電流、高オープンループ電圧利得、低入力オフセット電圧を提供し、拡張温度範囲(-40℃~+125℃)にわたって動作可能です。

Para Icon nanoPowerアンプ

nanoPowerコンパレータ

nanoPowerコンパレータは超低消費電流です。これらのデバイスは小型パッケージオプションを備え、低電圧動作、内部高精度リファレンス、プッシュプルまたはオープンドレイン出力、高RF耐性を提供し、拡張温度範囲(-40℃以上~+125℃)にわたって動作可能です。

Para Icon nanoPowerコンパレータ

nanoPower電流検出アンプ

nanoPowerハイサイド電流検出アンプも超低自己消費電流です。これらのデバイスは小型パッケージオプションを備え、高精度仕様、広い入力コモンモード電圧範囲、超低入力オフセット電圧、利得オプションを提供し、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)にわたって動作可能です。

Para Icon nanoPower電流検出アンプ

ページのトップへ戻る |

nanoPowerマイクロプロセッサ監視回路IC


nanoPowerマイクロプロセッサ監視回路ICは、超低自己消費電流と小型パッケージオプションを提供するため、スペースと電力の制約が非常に重要なウェアラブル、ポータブルおよびバッテリ動作機器に最適です。特長として、調整可能なリセット、ウォッチドッグタイムアウトおよびマニュアルリセット入力があります。これらのデバイスはプッシュプルまたはオープンドレイン出力構成のいずれかで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が完全に保証されています。

Para Icon nanoPower監視回路IC

Para Icon nanoPowerプッシュボタン

ページのトップへ戻る |

nanoPowerリアルタイムクロック


リアルタイムクロック(RTC) ICは、「現実」世界に関連する時間を追跡管理するために電子回路で使用されます。高精度の時間を維持することは、特に重いシステム負荷がかかる期間またはメイン機器の電源がオフの場合、非常に重要です。これらの期間に、RTC ICは堅牢な性能を提供する必要があり、多くの場合は補助バッテリまたはスーパーキャパシタから電力を得ることになります。当然ながら、精度および小型パッケージサイズに加えて、消費電力がnanoPowerリアルタイムクロックの設計の重要な要素になっています。

Para Icon nanoPowerリアルタイムクロック

ページのトップへ戻る |

DARWINマイクロコントローラ


DARWINマイクロコントローラは新種のMCUで、進化するIoT用に作られています。ウェアラブルグレードの電力技術によって、利用可能な最小のアクティブモードおよびSRAM維持電力が提供されます。大容量のエンベデッドメモリを備えているため、コードスペース、SRAMの不足や他のマイクロコントローラの追加を心配する必要がありません。非常にスケーラブルなメモリアーキテクチャによって、アプリケーションサイズの拡張や新しい市場要件への適合を迅速に行うことができます。さらに、たとえあなたがサイバーセキュリティの専門家でなくても、高度なエンベデッドセキュリティがあなた(およびあなたの顧客)を被害から保護します。

さあ、設計を進めてください。従来のバージョンと同等の消費電力を維持しながら、次世代製品により多くの機能を実装することができます。あるいは、長期間持続する性能をユーザーが絶賛するような、小型の、省電力機器を作ることもできます。nanoPowerとDARWINが1つになるとき、強力な製品が実現します。

Darwin超低電力マイクロコントローラ ›

ページのトップへ戻る |


ADIのnanoPowerモジュールでスペースに制約のあるアプリケーションのバッテリ駆動時間を延長する
5:45 November 03, 2021


nanoPower技術によるリアルタイム電力測定(エッセンシャル・アナログ/効率的な電源)
5:51 August 05, 2021


nanoPowerブーストコンバータのデモ(日本語字幕)
5:26 March 10, 2017


IQが低い方が優れている場合もある(日本語字幕)
2:04 March 10, 2017