FPGAの設計リソース

膨大な性能と柔軟性を提供するFPGA—それがアナログ設計でも可能になります。

FPGAへの給電が必要な場合も、シグナルチェーンをさらに活用する必要がある場合も、マキシムのインテグレーテッドアナログソリューションはシステム設計を簡易化し、大幅に小型化、低コスト化します。

電力変換

電圧が低下し、レールの数が増えるにつれて、FPGAの電源要件はますます複雑化しています。マキシムの最新のFPGA用電源ソリューションは、必要な性能、使いやすさ、および柔軟性を提供します。事実、Xilinx社はKintex UltrascaleおよびVirtex Ultrascaleリファレンスデザインの主要電源サプライヤとしてマキシムを選択しました。

パワーマネージメント

FPGAは、適切に同期され、電源障害の監視を備えたレールを必要とします。マキシムのプログラマブルマルチチャネルパワーマネージメント監視回路IC、シーケンサ、および電圧トラッカは、広範囲のソリューションを提供します。

セキュリティ

マキシムのセキュア認証用ICを使用すると、貴重なロジックと処理リソースを犠牲にすることなく、FPGA内の知的財産のセキュリティを確保することができます。Avnet社のLX9 3 (Spartan®-6)およびMicroZed (Zynq®-7000)プラットフォーム用の完全なドキュメントを備えたセキュア認証用リファレンスデザインは、容易に利用可能な例を提供します。

プログラマブルアナログ

アナログがFPGAと同様にプログラム可能になります。マキシムのPIXIプログラマブルミックスドシグナルI/Oデバイスは、20のポートを個別にADC、DAC、GPIO、またはスイッチ機能に設定することが可能なため、1つのソリューションをさまざまな設計要件に容易に適応させることができます。

Pmod対応プロトタイプ作成用モジュール

A/DおよびD/A変換、タイミング、温度管理、およびインタフェース機能などの一般的なアナログ機能を提供する一連のPmod対応プラグインペリフェラルモジュールを使用して、市場投入までの時間を短縮することができます。

ポート拡張

FPGA設計では多くの場合にI/Oが制限されます。マキシムのポート拡張製品は、貴重な内部リソースや追加の端子を使用することなく、容易にFPGAのI/Oの空きを増やす方法を提供します。