先頭に戻る

SPICEモデル

SPICEシミュレーションツールによって、設計エンジニアは回路の作成前に回路を検証し、容易に修正することができるさまざまな条件下で予想される回路の動作を迅速にテストすることができます。マキシムは自社製品用に数百のSPICEモデルを提供しており、製品カテゴリ別にグループ化して下記に示します。

下記で提供するモデルは、任意のPSPICE互換シミュレータで一般的に使用可能です。これらと同じモデルがEE-Sim OASISモデルライブラリにも含まれていますが、EE-Sim OASISで動作するように専用のキーが付加されていることに注意してください。ここで示したモデルをEE-Sim OASISツールで使わないでください。

必要なSPICEモデルが見つからない場合、またはマキシムのいずれかのSPICEモデルで問題が発生した場合は、お問い合わせください。

モデル結果

SPICEシミュレータ

広範囲のSPICEシミュレータが市場で提供されています。多くのエンジニアにはお気に入りのシミュレータがあるということを理解しています。マキシムはお好みのシミュレータを使って頂ければと考えておりますが、もしお気に入りのSPICEシミュレータがない場合のために、いくつか人気のあるシミュレータのリンクをご紹介します。

  • SIMetrix 優れた収束性を持ったミックスドモードシミュレータ、および回路エディタと波形ビューア(無料EE-Simバージョンも有り)
  • IsSpice4 Intusoft社のICAP/4アナログおよびミックスドシグナル回路シミュレーションパッケージに含まれるSPICEシミュレータ
  • Multisim National Instrument社のシミュレーション環境、プロフェッショナル版と学生版有り
  • Ngspice 無料のオープンソース、ミックスドモード、ミックスドレベルシミュレータ
  • PSpice® 無料、限定機能デモバージョンがある一般的なOrCAD®シミュレータ(Cadence®所有)
  • TINA® SPICEシミュレータを含むDesignSoftのツール一式。「クラウド」で動作可能。
  • TopSpice 回路図キャプチャ、波形分析、PSpiceおよびHSPICE®互換を含む低コストツール

その他のリソース