集積回路(IC)設計ツール

マキシムの一連の設計ツールは、お客様の設計プロセスを簡素化し、短縮するために必要な支援を提供します。これらの設計ツールは、ICの選択から回路の設計、分析、検証、部品表の作成やPCBレイアウトまで、さまざまな作業に役立ちます。EE-Sim®設計およびシミュレーション環境やOASISオフラインシミュレータなど、システムおよびサブシステムレベルの先進的なIC設計ツールをご利用いただけます。これらのツールには、設計やシミュレーションに利用可能な一連のパワーデバイスが含まれています。部品変更後の補償の再計算、部品ディレーティング値の設定、および効率の計算を素早く行うことができます。ユーザー定義のライントランジェントのシミュレーションや、ユーザー定義のライン/負荷設定によるACおよび定常状態のシミュレーションを行うことができる柔軟性も備えています。その他にも、2つの設計を比較する、カスタムユーザープロットおよびレポートを作成する、回路図、プロット、部品表を複数のファイル形式でエクスポートすることができるなど、有用な機能があります。追加的なリソースは、製品セレクタ、オンライン計算ツール、SPICEモデル、IBISモデル、およびCADファイルの形態で提供されています。

 

マキシム・インテグレーテッドの提供する情報は正確で信頼性が高いと確信していますが、マキシム製品として完全に組み込まれた回路構成以外の回路の使用については一切責任を負うことができません。また、そうした回路の使用により生じる、特許権または第三者その他の権利の侵害についても責任を負いかねます。 マキシムの特許権に関して、黙示やその他のいかなる方法によってもライセンスを許諾することはありません。マキシムは予告なく回路構成および仕様を変更する権利を留保するものとします。