アナログおよびパワーマネージメントICを搭載した機能豊富なダイビングコンピュータ

2020年1月14日

Christine Young  筆者: Christine Young
 ブロガー、マキシム・インテグレーテッド 


海でダイビングを楽しむ際は、スキューバタンク内の酸素の残量、現在の水深、海の状況などのパラメータを把握していることが不可欠です。手首に装着するダイビングコンピュータは、ダイバーのガイドとして役立ちます。革新的な潜水装備の市場で最も有力な開発企業の1つが、イタリアのラパッロを本拠地とするMaresです。Maresは、電子機器の設計、開発、製造を手がけるイタリア企業のROJと協力して、腕時計型のダイビングコンピュータ、Geniusを開発しました。

小型で低消費電力のGeniusコンピュータは、フルカラーの高解像度ディスプレイを備え、最大150mの水深ディスプレイ、複数のグラフによる潜水記録、マップ表示、タイムキーピング、減圧潜水プランナー、高性能なデジタルコンパス(ベアリングメモリとストップウォッチを搭載し、水中でのナビゲーション手順に対応)など、幅広い機能を提供します。Geniusコンピュータに独特な2つの特長として、多彩な機能と長いバッテリ寿命が挙げられます。充電式バッテリは、満充電すれば潜水時40時間にわたって給電を継続することができます。

このような長時間にわたり水中で動作する小型の高集積装置の開発は、容易ではありませんでした。設計チームは、サイズ、消費電力、および性能の面で厳格な要件を満たす基盤ICを必要としました。また、電源とアナログ信号に対するノイズを低減することも必要でした。

ROJのチームは長年にわたってマキシムと協力関係にあったため、マキシムの製品が第一の選択肢となりました。Geniusコンピュータには、以下のICが内蔵されています。

  • MAX4257 レール・ツー・レール出力および2.4Vまでの単一電源動作を提供する低ノイズ、低歪みオペアンプ
  • MAX17112 高性能ステップアップDC-DCコンバータ
  • MAX4983 ±15kV静電放電(ESD)保護を搭載したハイスピードUSB 2.0スイッチ
  • MAX77801 高効率バックブーストレギュレータ
  • MAX6778 低消費電力、精度1%のバッテリモニタ
  • チャージャおよび残量ゲージIC

MaresとROJの事例をお読みください。両社のエンジニアが上記のICを利用して、いかにして技術的目標を達成し、設計サイクルを一年短縮したかをご確認いただけます。

MaresとROJは、スキューバダイビング時に水中で一連の重要なパラメータを把握する上で役立つ、腕時計型のGeniusダイビングコンピュータを開発しました。MaresとROJは、スキューバダイビング時に水中で一連の重要なパラメータを把握する上で役立つ、腕時計型のGeniusダイビングコンピュータを開発しました。