先頭に戻る

nanoPower技術というツールを、もっとエンジニアのツールキットに

2021年3月17日

筆者:David Andeen
マキシム・インテグレーテッド、リファレンスデザイン担当ディレクター


ツールについて考えると思い出されるのは、マキシムが初めてnanoPowerデバイスを発表した2017年当時のことです。MAX1722xファミリのnanoPowerブーストコンバータは、自己消費電流がナノアンペア単位にすぎません。これらのnanoPowerデバイスは、消費電力を可能な限り小さく抑え、システム全体の消費電力を制限するように最適化された、他に例を見ないツールです。これらのツールは、より小さな電源でより長く動作する、素晴らしい新たな機器やアプリケーションに電力を供給します。

続きを読む ›



インダクタの選択を容易にする2つのツール

2021年3月5日

Brooks Leman 筆者:Brooks Leman
 マキシム・インテグレーテッド、アプリケーション担当テクニカルスタッフ上級主要メンバー


REDEXPERT selection tools

EE-Sim設計ツールはユーザーのカスタム要件から始めて、基本的なインダクタの選択を含む包括的なコンバータ設計を1分足らずで提示します。しかし、インダクタの選択プロセスに深く立ち入り、もっと関与したいと考えるなら、Würthの新しいREDEXPERTツールを検討しましょう。このツールは、パワーインダクタを正確に選択する手引きとなり、その他のさまざまなWürthの磁性部品や非磁性部品にも対応しています。

続きを読む ›



外出用バイタル監視およびゲームプラットフォーム

2021年1月12日

Astha Adhikari 筆者:Astha Adhikari
 多機能電源、バッテリーパワーソリューション事業部門インターン、マキシム・インテグレーテッド


ゲームについての「クラシック」という言葉は、誰の胸にも響きます。バッテリーパワーソリューション事業部門のIC設計担当ディレクターであるBob Willsonにとっては、新聞配達のかせぎでMicroVisionのBlockbusterを買った日を思い出させます。私にとっては、Windows 98 PCのJardinanins!で次のラウンドをどちらがプレイするかで姉とけんかした懐かしい記憶がよみがえります。Bobと私に共通するのは、2人ともアタリ社のブロック崩しから派生したゲームに夢中だったということです。このゲームの目的は、パドルで打ち返したボールを使ってブロックを壊すことです。マキシムのインターンとして夏期プロジェクトを計画したとき、私はこれらの思い出を取り入れました。私のプロジェクトは、マキシムの低電力SIMO PMIC、m5残量ゲージ、およびセンサーを備えた「外出用」ゲームプラットフォームのデモです。このプラットフォームでは、バイタルを追跡したり、クラシックなブロック崩しゲームをプレイすることができます。

続きを読む ›



USB-C電源ソリューションのより迅速な設計を実現するためのヒント

2020年7月28日

Bakul Damle 筆者:Bakul Damle
 ビジネスマネージメントディレクター、マキシム・インテグレーテッド 
Sagar Khare およびSagar Khare
 バッテリーマネージメント部門エグゼクティブビジネスマネージャー、マキシム・インテグレーテッド 


ポータブル機器の5Gや4Kディスプレイなどの先進的機能は消費電力を増大させており、大容量2Sバッテリによって動作する機器では多くの場合15Wより大幅に高くなっています。これらの消費電力が大きいガジェットの場合、急速充電が可能なUSB-C Power Delivery (PD)にはわずかな停止時間でこれらの製品の動作を再開させることができるという利点があります。また、以前はAC-DCバレルアダプタを使用していた多くのアプリケーションは、便利さと標準化のために USB-C PDへと移行しています。

続きを読む ›



多相バック電圧レギュレータの特長を理解する

2020年5月26日

Reno Rossetti 筆者:Reno Rossetti
 パワーブロガー、マキシム・インテグレーテッド


ステップダウン(バック)電圧レギュレータは本質的に高効率であるため、長年にわたってDC-DC変換電子回路の定番となっています。サイクル全体の中でバックモードでのみ電流は出力に向けられます。サイクル当り、より高電流が出力に供給されるため、バックコンバータは最も効率的なアーキテクチャです。多くの例の1つとして、現代のマイクロプロセッサは、強力なサーバーブレードで使われるものからスマートフォンで使われるものまで、非常に低い入力電圧で動作するため、バックコンバータは必要な電力源となっています。これらのアプリケーションが高度化するとともに、電力源も供給電力を増強するとともに効率の向上によって熱損失を低減する必要がありました。それに応じて、バックコンバータは非同期整流から同期整流スイッチングへ、また数百mAの電流を供給する単相デバイスから数十~数百Aの電流を供給可能な多相デバイスへと進化してきました。

続きを読む ›



小型ショットキーダイオードが同期整流コンバータのノイズをどのように最小化するか

2020年5月21日

Ray Crampton  筆者: Ray Crampton
 ゲストブロガー、Ray Crampton Consulting 


バックコントローラのスイッチングサイクルの説明図

すべてのスイッチング電源の設計者は、ノイズを重視した設計の必要性、およびそれと効率、基板スペース、コスト、および開発時間とのトレードオフの厳しさを痛切に感じるようになります。同期整流コンバータで使用されるMOSFETのボディダイオードは、無料でついてくる素晴らしいおまけで、デッドタイム転流時の導通経路を提供してくれます。もう1つ無料でついてくるのが、それによって生成されるノイズで、これは「無料」でも増えて欲しくないものです。そのとき何が起きているかを調べ、小型のショットキーダイオードがノイズの最小化にどのように役立つかを探求し、この技法がどのような場合にどのように有効かについての理解を深めましょう。

続きを読む ›



マキシム人気ブログベスト5

2020年12月8日

酒井 奈央子 著者:酒井 奈央子
ブロガー、マキシム・ジャパン株式会社 


皆様、こんにちは。もうすぐクリスマスですね。今年はどんなクリスマスを過ごされますか?私はスマートウォッチを買おうと思っています。自粛生活で運動不足なので意識を高めようと思い。さて、前回のベスト5ブログから約一年がたちました。この一年で最も人気のあったブログをご紹介します。皆様はどんなテーマに関心を持たれましたか?

続きを読む ›


スマート医療機器を保護して患者の安全性を高める

2020年5月12日

Carlos Alberto Rodriguez 筆者:Carlos Alberto Rodriguez
 マキシム・インテグレーテッド、マイクロ、セキュリティ、およびソフトウェア事業部門ビジネスマネージャ 


COVID-19の世界的パンデミックの中で、物理的距離のガイドラインによって医師に電話またはオンラインでの患者診察が求められるため、ヘルスケア専門家の間で遠隔医療の勢いが高まっています。スマート、コネクテッド医療機器は、この趨勢の中で役立つツールです。たとえば、バイタルサインの継続的な、リアルタイムの監視を提供するウェアラブルは、患者と医師の両方にとって健康に関する知見の宝庫となります。しかし、あらゆるIoT機器と同様、スマート医療機器(およびそれらが収集する患者の機密データ)も、保護しなければセキュリティ脅威に対して脆弱です。

続きを読む ›



1898年のカーバッテリー充電

2020年4月28日

Jim Harrison 筆者:Jim Harrison
ゲストブロガー、Lincoln Technology Communications


電気自動車誕生の物語は、1800年代中頃~後半における実に驚くべき発明の集合の物語でもあります。本当に急速な変化の時代でした。

続きを読む ›



いつどこにいてもエッセンシャル・アナログICの情報が手に入るアプリをダウンロード

2020年8月26日

Anil Telikepalli  筆者:Anil Telikepalli
 Maxim Integrated、コア製品グループマネージングディレクター 


技術的な内容やICのスペックを調べる必要があるのに、近くにPCがないという状況に陥ったことがありませんか?あなたが自宅にいても、ラボで作業していても、あるいは新鮮な空気を吸うために散歩している間にも、アナログの専門知識を直接あなたにお届けする方法をMaximは考え出しました。Maximの新しいエッセンシャル・アナログ(必須アナログIC)モバイルアプリは、iOSおよびAndroidで利用可能で、Maximの高性能のエッセンシャル・アナログICへの迅速かつ容易なアクセスを提供します。革新的な次世代システムを構築しているあなたのようなエンジニアに最適です。

続きを読む ›



E系列の値の退屈な計算に「もうやめた」と言おう

2020年4月7日

Dwight Larson 筆者:Dwight Larson
マキシム・インテグレーテッド、アプリケーション担当テクニカルスタッフ主要メンバー


たぶん皆さんお馴染みの状況だと思いますが、設計作業の中で、基板上に配置する部品の構想を練っているとします。抵抗、コンデンサ、インダクタが必要になります。そのため、(E系列の標準数として有名な)標準的な部品の値の計算という、あの退屈な(にもかかわらず人手による)作業に取り組む必要があります。プロジェクトの中で、決して面白いとは言えない部分です。

続きを読む ›



小型、高信頼性のイヤホンを急いで設計する必要があるのですか?クールに取り組む方が良い場合もあります…

2020年3月24日

Michael Jackson 筆者:Michael Jackson
 マキシム・インテグレーテッド、主席ライター  


完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンを設計する場合、以下のような重要な特長を備える必要があります。

  • 小型サイズ
  • 信頼性
  • 急速で効率的なバッテリ充電

続きを読む ›



新しい世界においてもマキシムはお客様のイノベーションを実現するため邁進し続けます

2020年5月28日

Jon Imperato  筆者:Jon Imperato
 マキシム・インテグレーテッド、ワールドワイドセールスおよびマーケティング担当VP


すべての人がCOVID-19の感染拡大を緩和するためにそれぞれの役割を果たしている中で、私の心に強く残っている1つのコメントがあります。「従来の方法をやめ異なる方法で物事を行うという点で、変革とは不快なものです」。これは、ハーバードビジネススクールの教授で、リーダーシップと変革の権威であるJohn Kotter博士の言葉です。現在のパンデミックに直面して、この言葉は私たちの多くにとって真実だと感じられます。

続きを読む ›



マキシムとつながる