セラミックパッケージの電圧リファレンスはどのように長期ドリフト性能を向上させるのか

2019年4月9日

Andrew Escamilla 筆者:Andrew Escamilla
 インダストリアルコミュニケーション事業部門アソシエートビジネスマネージャ、マキシム・インテグレーテッド 


Control panel for automated equipment

電圧リファレンスは、電圧を測定する電子システムからの測定値が正確であることを保証する上で重要な役割を果たします。測定システムでは、アナログ-デジタルコンバータ(ADC)が入力電圧をリファレンス電圧と比較します。次にADCは、入力信号とそのリファレンス電圧の間の関係を表すコードを生成します。リファレンス電圧に誤差があると、結果として測定データに誤差が生じます。

続きを読む ›



これらの産業用通信ICは古いが、もっともな理由で優れもの

2019年3月19日

Andrew Smith  筆者:Andrew Smith
 インダストリアルコミュニケーション事業部門プロダクトマネージャー、マキシム・インテグレーテッド 


在庫管理

イノベーションといえば、通常は最も優れた最新技術に関係するものですが、常にそうだとは限りません。「古いけど優れもの」(oldies but goodies)、という古い言い回しには理由があるのです。時代の先駆けとみなされた製品が、長年にわたって生き残るというケースもあります。革新的であるということは、ある特定の時期に斬新で独特なものを生み出すことだけを指すのではありません。将来のニーズを予見し、それに応えることによって、長く存続するものを生み出すことを指す場合もあるのです。設計の簡素化、コスト削減、最終製品の小型化に役立ついくつかのインタフェースおよび信号ルーティングICを見てみましょう。これらのICは登場して久しいですが、いまだにさまざまな最終アプリケーションに取り組むユーザーを助け、設計目標の達成に寄与しています。

続きを読む ›



ポータブル電子機器からより多くを引き出す

2019年3月12日

Christine Young  筆者: Christine Young
 ブロガー、マキシム・インテグレーテッド 


掌に―十分な余裕を残して―収まる電子ガジェットは、非常に複雑な多くの機能を実行します。バイタルサインを継続的に監視する腕時計型のフィットネスバンドから、リアルタイムで言語翻訳を行うヒアラブルまで、これらの高度な機器には以下の点に関する困難な設計上の考慮事項があります。

続きを読む ›



魚の水槽にセキュリティは要らない—ただしIoTの一部でなければの話

2019年2月28日

Christine Young  筆者: Christine Young
 ブロガー、マキシム・インテグレーテッド 


普通は、魚の水槽をハッカーから保護する必要があるとは思わないでしょう。しかし、もしそれがスマート水槽で、温度と照明の制御がモノのインターネット(IoT)システムによって行われるとしたらどうでしょう?その場合、ハッキングされた水槽はより大きいネットワークへの…そして機密データバンクへの入口になってしまいます。これはラスベガスのカジノで実際に起きた事件で、スマート水槽がファイアウォールによって保護されていなかったため、大金を賭ける上客のデータベースに犯罪者がアクセスしました。

続きを読む ›


卓越した探査機にもっと注目しよう

2018年12月18日

Jim Harrison 筆者:Jim Harrison
ゲストブロガー、Lincoln Technology Communications  


日本の小惑星探査機はやぶさ2は、小型(幅900m)の小惑星リュウグウの詳細な調査を進めています。この非常に優れた宇宙船は、2014年12月に種子島宇宙センターから打ち上げられ、2018年6月27日にリュウグウの周回軌道に到達しました。はやぶさ2と小惑星は、その時点で地球から約2億9000万km離れていました。はやぶさ2は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって出資、設計、および運用されています。 続きを読む ›


エンジニアはアルゴリズムとAIの取り扱いに注意すべし

2018年11月8日

Jim Harrison 筆者:Jim Harrison
ゲストブロガー、Lincoln Technology Communications


ムハンマド・イブン・ムーサー・アル=フワーリズミーの著作である「約分と消約の計算の書」は、略してアル=ジャブラ、すなわち代数と呼ばれています。

誰でもアルゴリズムと人工知能(AI)を使えば、他のサイトからニュースを収集し、その情報に特定の視点用のフィルタをかけるウェブサイトを作ることができます。あるいは、十分な資金がある場合、すでに有名になっているウェブサイトを買い取り、そのコンテンツに手を加える方法もあります。いくつかのあいまいな参照と完全な嘘を追加することによって、特にニュースの概要にだけ目を通し、全文を読む時間のない人々に、強力な影響を与えることができます。続きを読む ›


理想ダイオードはエンジニアの最良の友になりうる

2018年11月1日

Jim Harrison 筆者:Jim Harrison
ゲストブロガー、Lincoln Technology Communications   


理想ダイオードICは、人目を引かない子供に少し似ています。これらのデバイスは非常に大きい効果がありますが、エンジニアはこれらのデバイスのことを忘れがちです。理想ダイオードICは単にMOSFETを使ってダイオードのように動作しますが、電圧降下とリーク電流を大幅に低減します。続きを読む ›


LEDコントローラでヘッドライトシステムの設計作業を簡素化する

2018年10月18日

Jim Harrison 筆者:Jim Harrison
ゲストブロガー、Lincoln Technology Communications   


自動車のヘッドランプへのLED照明技術の適用は、最近の非常に優れたデザインの登場に貢献しています―それほど代わり映えしない場合もありますが。LEDランプはデザイン部門にとって強みであり、性能面や安全面の向上も実現できます。さらに、LEDはエネルギー効率の面で従来のランプよりはるかに優れています。この場合、それはガソリン車の燃費向上や電気自動車の走行距離の延長を意味します。続きを読む ›


指で健康な鼓動を確かめる

2018年10月16日

Neset Tamer Sudhir Mulpuru 筆者:マイクロ、セキュリティ、およびソフトウェア事業部門エグゼクティブビジネスマネージャNeset Tamer
およびインダストリアル&ヘルスケア事業部門エグゼクティブビジネスマネージャSudhir Mulpuru、マキシム・インテグレーテッド


指から心拍数および血中酸素飽和度(SpO2)を測定する機器の設計は難しい作業です。フォトプレスチモグラフィ(PPG)と呼ばれる原理を介して、光バイオセンサーはLED光を装着者の体組織の毛細血管に、体組織から伝搬または散乱する光を測定するのに十分な深さで照射することによって心拍数を測定します。この光の動きは、心収縮期(心臓が血液を排出するとき)と心弛緩期(心臓が血液を吸引するとき)の鼓動間での血液量の変化を反映します。 続きを読む ›


小型、バッテリ駆動電子機器の動作時間を延長する4つの方法

2018年10月4日

Christine Young 筆者:Christine Young
ブロガー、マキシム・インテグレーテッド


ゲーム機、ファクトリーオートメーションシステム、スマートホームスピーカー、およびポータブルツールに共通するものは何でしょう?これらはすべて、シングルセルリチウムイオンバッテリによって給電される電子機器の例です。そのため、これらの小型形状の製品で、バッテリ容量を増やすことなくバッテリ寿命を延長するという困難な課題が設計者に課せられます。続きを読む ›


CANバスの高い人気は続く - 今度はIoTとオートメーションで

2018年9月25日

Jim Harrison 筆者:Jim Harrison
ゲストブロガー、Lincoln Technology Communications


図1. CANバスのOSI階層図

CAN (Controller Area Network)バスはRobert Bosch GmbHで生まれ、プロトコル仕様は1986年にSAE (Society of Automotive Engineers)のコンファレンスで正式に発表されました。最初のCANコントローラチップはIntelとPhilipsによって製造され、1987年に販売が開始されました。1991年、Mercedes-BenzはCANベースの多重化配線システムを備えた最初の量産車を発表しました。CANは標準車載ネットワークで、自動車の配線ハーネスのサイズと重量の大幅な削減を可能にします。続きを読む ›


マキシムmgineerブログ年間ベスト5
—日本の読者の皆様に最もよく読まれた5本のブログをご紹介します!—

2018年11月2日

酒井 奈央子 著者:酒井 奈央子
ブロガー、マキシム・ジャパン株式会社  


automotive

前回のマキシムのmgineerブログ・ベスト5から1年がたちました。選りすぐりのブログを和訳してまいりましたが、引き続きお楽しみいただいていますでしょうか。 続きを読む ›


自分のスマート医療機器を信頼していますか?

2018年8月21日

Scott Jones Nathan Sharp 筆者:エンベデッドセキュリティ担当マネージングディレクターScott Jones、エンベデッドセキュリティ担当シニアビジネスマネージャNathan Sharp、マキシム・インテグレーテッド


Ablation tools

医療処置を受けるとき、最も不安を感じたくないことは、使用される医療器具のセキュリティ侵害です。しかし、あらゆるスマート、コネクテッド機器と同様、複製や偽造から不正な再使用まで、医療器具にも攻撃に対する脆弱性の可能性があります。続きを読む ›


モバイルPOSシステムの物理タンパーを阻止する方法

2018年8月14日

Dany Nativel 筆者:Dany Nativel
エンベデッドセキュリティ担当シニアビジネスマネージャ、マキシム・インテグレーテッド


まるで映画のワンシーンのように、カジノで大金を賭ける上客の個人情報を保存したデータベースにハッカーがアクセスします…カジノのロビーにある水槽から。サイバー犯罪者たちは、水槽のスマート温度計を介して侵入したのです。続きを読む ›


GPSを設計に組み込むとどんな利点がある?

2018年7月17日

Jim Harrison 筆者:Jim Harrison
ゲストブロガー、Lincoln Technology Communications 


基本的なGNSSシステム

グローバルポジショニングシステム(GPS)は驚くべきものです。あちこちを動き回る際に役立ち、友だちに自分の居場所を知らせることができ、公園の茂みの中でiPhoneをなくしてしまっても見つけることができます。 続きを読む ›


ノイズを抑制する:電源設計でEMI規格を満たす

2018年6月27日

Thong Huynh 筆者:Thong "Anthony" Huynh
インダストリアルパワー事業部門アプリケーション担当テクニカルスタッフ主要メンバー、マキシム・インテグレーテッド


Earbuds

多数の電子部品を一緒に動作させると、ノイズの問題が生じることがあります。ノイズを抑制し、どの部品の動作も別の部品の動作に悪影響を及ぼさないようにするには、どうすればよいでしょうか。それには、電源設計において電磁干渉(EMI)を管理する必要があります。そして、その対策は早めに講じるのが最善です。対策が遅れるほど、EMIの抑制は難しく、また高コストになります。詰まるところ、電源設計の全面的な見直しを招くことなど誰も望まないでしょう? 続きを読む ›


マキシムとつながる