先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/applications/automotive/automotive-security

車載セキュリティ

車載コンポーネントを純正、安全、セキュアに維持する

自動車業界は個々の自動車の意思決定への依存を強め、クラウド接続が増加しているため、車載セキュリティの必要性がこれまで以上に重要になっています。現代の車載セキュリティは、単にドアロックをかけるだけではありません。車載セキュリティの範囲が拡大し、自動車認証、先進運転支援システム(ADAS)周辺装置の偽造防止、およびクラウドへのデータ通信のセキュリティ確保などを含むようになっています。大量生産、バッテリ駆動、自動運転車の配備が目前に迫っており、実装および保護が適切に行われない場合、これらの技術がどのように有害になる可能性があるかを評価することが非常に重要です。将来の自動車用技術のセキュリティ確保には、安全性の強化と最適なシステム機能の維持の両方のために、AEC-Q100 Grade 1認定セキュアコンポーネントが必要です。