アプリケーションノート90

高効率、マイナス出力のブースト・レギュレータ


要約:このデザインノートでは、スイッチングレギュレータのMAX634がチャージポンプと共に動作して、安定化された可変負出力電圧を高効率で発生します。この回路は、5Vを-12V~-22Vの可変負出力に変換し、LCDのバックプレーンバイアス電源として使用することができます。

図1の回路は5V入力を-12V~-22Vの調整可能な出力に変換し、LCDのバックプレーン用のバイアス電源として適しています。この回路は、入力電圧を正の高電圧(Q3のトップ)に昇圧させるスイッチング・レギュレータ、およびこのレベルから負の出力電圧に変換するチャージポンプから構成されています。この方式は優れた負荷レギュレーションを提供し、低価格のローサイドのn-チャネルMOSFETスイッチ(Q3)の使用を可能にします。効率(全出力範囲において約90%)は、殆どのインバータ構成のコンバータより高いものとなっています(図2)

図1. このスイッチング・レギュレータはディスクリート部品のチャージポンプ(D1、D2、C4、およびC5)により、調節可能な安定化された負の出力電圧を発生します。
図1. このスイッチング・レギュレータはディスクリート部品のチャージポンプ(D1、D2、C4、およびC5)により、調節可能な安定化された負の出力電圧を発生します。

図2. 図1の回路の効率は負荷電流とともに増加します。
図2. 図1の回路の効率は負荷電流とともに増加します。

Q1およびQ2は、内部パワースイッチ(VSおよびLX端子間)がオフになるとオンになるSCRを形成します。SCRの動作によりQ3のゲート容量が放電されるため、素早くオフにできます。ポテンショメータR1は出力電圧を調節します。

バッテリ電圧が出力電圧の絶対値を超えると、通常のブーストレギュレータとは異なり、出力電圧は入力電圧を追従しないです。その代わりチャージポンプおよびフィードバック・ループが正しい出力値を保持しますが、ノイズが大きくなり効率が低くなります(同等のリニアレギュレータより低下)。



関連製品
MAX634 CMOS、超低消費電力、反転スイッチングレギュレータ 無料
サンプル
 


次のステップ
EE-Mail EE-Mail配信の登録申し込みをして、興味のある分野の最新ドキュメントに関する自動通知を受け取る。

© Jul 09, 1998, Maxim Integrated Products, Inc.
このウェブサイトのコンテンツは米国および各国の著作権法によって保護されています。コンテンツの複製を希望される場合は、お問い合わせください

APP 90: Jul 09, 1998
アプリケーションノート90, AN90, AN 90, APP90, Appnote90, Appnote 90