リファレンス回路4341

HFRD-29.7:マルチレート(1Gbps~10.3125Gbps) VCSELのSFP+トランシーバ


要約:高周波リファレンスデザイン(HFRD-29.7)は、スモールフォームファクタプラガブル(SFP+)のマルチソース協定(MSA)市場などの高速光トランシーバアプリケーションを対象としたフル機能の光トランシーバです。

この設計では、MAX3798の差動VCSELドライバとリミティングアンプの組み合わせを紹介します。1Gbps~10.3125Gbpsのデータレートに対応しています。このリファレンスデザインは、さまざまなVCSEL (TOSA)とレシーバ(ROSA)で利用可能です。MAX3798は、ATMEGA88マイクロプロセッサによって制御されます。マイクロプロセッサは、3線式ディジタルインタフェースでMAX3798に接続され、光パワーの調整、機能のモニタ、およびMAX3798内のその他の設定の制御に使用されます。SFP+モジュールとの通信は、標準のMSAのI²Cインタフェースを介して行われます。

MAX3798は、SFP+マルチレートトランシーバを提供するコスト効率に優れた手法です。VCSELドライバとリミティングアンプを組み合わせて単一の5mm x 5mmのパッケージにすることで、性能を損なうことなくコストを低減しています。10.3125Gbpsで40%を超えるマスクマージンを達成可能です。


以下のフォームに記入してこのアプリケーションノートを入手してください:HFRD-29.7:マルチレート(1Gbps~10.3125Gbps) VCSELのSFP+トランシーバ

お客様情報

以下の情報はすべて英語で記入してください。



氏名: *
会社名: *
部署名 *
役職名: *
郵便番号: *
都道府県名: *
住所1: *
住所2:
国名: *
Eメールアドレス: *
Eメールアドレス(確認用) *
電話番号: *


お客様のプロジェクト

プロジェクト名: *
プロジェクトの説明およびアプリケーション: *
プロジェクト企画台数: *
設計終了予定日: (オプション)
量産開始予定日: (オプション)
コメント:
* = 必須項目



フィードバックをお寄せください。
内容に満足されましたか、あるいは満足されていませんか?もっと良いページにできると思いますか?あるいは、単なるコメントでも結構です。フィードバックをお待ちしています。—マキシムはお客様からいただく訂正、提案を元に改善していきます。 このページを評価し、フィードバックを送信する。



リファレンス回路4341, AN4341, AN 4341, APP4341, Appnote4341, Appnote 4341