ニュースリリース

MaximのUSB-C Power Deliveryソリューション、開発期間の3カ月短縮とソリューションサイズの半減によって採用を促進

準拠確認済み、ファームウェアの開発不要、ソリューションサイズ50%縮小により、システム設計者はUSB-C Power Delivery実装の課題を克服

カリフォルニア州サンノゼ — 2020年8月11日 — Maxim Integrated Products, Inc. (NASDAQ:MXIM、以下Maxim) は、USB-C PDコントローラMAX77958と28WバックブーストチャージャMAX77962によって、USB-C Power Delivery (PD) 実装の課題克服を可能にします。ポータブル機器に5G通信や4Kビデオなどの新技術が追加される中、多くのメーカーはバッテリをシングルセルから直列デュアルセル (2S) にアーキテクチャを変更しています。この変更に伴って、USB-C PDによる大電力の伝送と、より大電力の充電 (25W以上) が必要になります。MAX77958 USB-C PDコントローラを使用すれば、USB-C PD準拠済みのソリューションによって開発期間を3カ月短縮することができます。さらに、MAX77962バックブーストチャージャを使用すれば、ソリューションサイズを半減させることが可能です。

MAX77958 : このUSB-C PDシステムは、次世代の民生/産業/医療用ポータブル電子機器の要求を満たすことができる一方、これらのUSB-C仕様への準拠には複数のコンポーネントやカスタムファームウェアが必要で、その開発には数カ月を要する場合もあります。MAX77958スタンドアロンUSB-C PDコントローラを使用すれば、高速ロールスワップとデュアルロールポート (DRP) に対応したUSB-C PD 3.0準拠済みソリューションによって、設計、開発、テストの期間を3カ月短縮することができます。MAX77958は、BC1.2検出や内蔵D+/D-スイッチによる旧来のUSBポートへの対応など、従来のUSB-Cコントローラには通常搭載されていない機能を内蔵しています。堅牢な設計を可能にするため、このICは28VのVBUS定格、CC端子の短絡保護、水分検出と腐食防止を備えています。

MAX77962 : この新しいUSB-C PDシステムは、5~20Vの入力電圧を使用して2Sリチウムイオンバッテリの急速充電が可能です。MAX77962は、他の28Wソリューションの半分のサイズで28Wの充電電力を供給可能な高耐圧FET (絶対最大電圧30V) を内蔵しています。このバックブーストチャージャは、3.5~23Vの入力電圧範囲に対応し、USB-C PDと旧来のUSBの両ソースをサポートしています。

MAX77962バックブーストチャージャとMAX77958 USB-C PDコントローラは、ゲーム機、拡張現実/仮想現実 (AR/VR) 機器、カメラ、ワイヤレススピーカー、ポータブルプリンタ、ノートPC、産業機器、医療機器などのアプリケーションに最適です。

主な特長

  • 開発期間の短縮 : USB-C PD準拠済みであるため、開発期間を短縮することができます。MAX77958 PDコントローラを使用すれば、GUIで開発可能なカスタマイズスクリプト、BC1.2のサポート、高速ロールスワップ、DRPモード、内蔵D+/D-スイッチによって、3カ月にわたるファームウェア開発が不要になります。
  • 堅牢な設計 : MAX77958 USB-C PDコントローラは、28VのVBUS定格、USB-Cコンフィギュレーションチャネル(CC) 端子の内蔵短絡保護、水分検出と腐食防止を備え、堅牢な設計を可能にします。
  • 小型化 : MAX77962バックブーストチャージャは、すべてのパワーFETを集積し、ソリューションサイズの50%縮小を実現します。
  • 広い電圧範囲 : MAX77962バックブーストチャージャは、入力電圧範囲が3.5~23Vと広く、USB-C PDに準拠して2Sリチウムイオンバッテリの28W急速充電を可能にします。

コメント

  • 「民生用電子機器は、5Gや4Kビデオなどの機能用により多くの電力を必要としており、より高速な充電の訴求力は高まる一方です」と、Omdia社のアナリストであるNina Rao氏は述べています。「USB-C PD規格は充電に関する状況を一変させ、Omdiaの最近のUSB-Cレポートによると、USB-C PD対応機器の数は2020年の9億5100万台から2024年には46億台へとほぼ4倍に増加することが予想されます。しかし、新しい技術が迅速に市場で採用されるためには、新しいソリューションが必要です」。
  • 「USB-C機器のバッテリの急速充電は、民生用電子機器の市場に変化をもたらします」と、Maximのモバイルパワー事業部門でビジネスマネージメント担当ディレクターを務めるBakul Damle (バクル・ダムル) は述べています。「MAX77958とMAX77962は、開発者がこの新しいUSB-C PD規格を採用する上で助けとなり、これらの新機能のマーケティングを促進することができます。Maximは、お客様の開発期間を数カ月短縮するため、重要機能の集積とUSB-C PD 3.0準拠の作業をあらかじめ完了しています。お客様は、Maximが提供するMAX77958 USB-C PDコントローラとMAX77962 28Wバックブーストチャージャの統合評価キットを使用して開発を促進することができます」。

供給体制および単価

  • MAX77958のサンプルは、Maximのウェブサイトで提供され、単価は0.99ドル(1,000個以上、FOB USA)です。正規代理店からも提供されます。
  • MAX77962のサンプルは、Maximのウェブサイトで提供され、単価は2.35ドル(1,000個以上、FOB USA)です。正規代理店からも提供されます。
  • 評価キットのMAX77958EVKIT-2S3# 28W 2セルリチウムイオンチャージャ搭載USB-C PDコントローラが利用可能で、単価は80ドルです。
  • 評価キットのMAX77962EVKIT-06#およびMAX77962EVKIT-12# 28W 2セルリチウムイオンチャージャが利用可能で、単価は80ドルです。

Maxim Integratedについて

Maximは、セキュリティ強化とエネルギー効率に優れた革新的なアナログ/ミックスド・シグナル製品と技術を開発・提供し、システム製品の小型化、スマート化の実現に貢献しています。Maximは自動車や産業、医療、モバイル、クラウド・データセンターのお客様の設計革新を後押しし、世界を変革できるような業界を牽引するソリューションを提供しています。詳細について ›

MaximのUSB-C Power Deliveryソリューション、開発期間の3カ月短縮とソリューションサイズの半減によって採用を促進
ダウンロード: RGB


お問い合わせ先