ニュースリリース

Maxim、車載アプリケーションの4つのサラウンドビューカメラストリームを統合するデシリアライザを発表

車載カメラアプリケーションの部品削減、設計時間短縮、コスト削減を実現

カリフォルニア州サンノゼ2015年7月27日(現地時間)—Maxim Integrated Products, Inc. (NASDAQ:MXIM、以下Maxim)のクワッドデシリアライザのMAX9286は、より少ない部品と市場投入までのより短い時間でADAS (先進運転支援システム)用サラウンドビューシステムの設計を可能にします。わずか1つのギガビットマルチメディアシリアルリンク(GMSL)デシリアライザのMAX9286が最大4つのカメラからビデオを受信し自動的に同期化します。

サラウンドビューシステムは、現在急伸しているADAS市場でキーとなる構成要素です。車載デシリアライザのMAX9286は、最大15mのシールドツイストペア(STP)または同軸ケーブルを介して4つのカメラからビデオストリームに対応して同期化します。MAX9286は4レーンの、業界標準CSI-2インタフェース経由でビデオプロセッサにデータを出力します。4つの個別のデシリアライザとFPGAを置き換えることによって、基板スペースおよび部品数を削減します。さらに、この高集積デシリアライザはカメラ同期用の追加ソフトウェアが不要です。MAX9286は、マシンビジョンや3Dカメラシステムにも最適です。


主な特長

  • 設計時間の短縮:カメラ同期信号の自動生成、複数センサーからの画像データの同一ピクセルへの整合、および主要パラメータのユーザー設定機能によって、設計リスクと市場投入までの時間を削減します。
  • コストの削減:集積化で4つの個別のデシリアライザとFPGAを不要にすることによって基板スペースと部品数を削減します。また、Power-over-Coaxケーブルへの対応によって配線数とコストを削減します。
  • 自己診断機能:内蔵のリンクビットエラーレート(BER)診断、カメラ同期喪失、またはケーブル天絡/地絡の検出によってシステムの完全性を強化します。

コメント

  • 「オートモーティブ市場でのサラウンドビュー機能のニーズによって、ADAS設計に独自の課題が生じています」と、Maxim Integratedのビジネスマネージメント担当ディレクターであるバラゴパル ・マヤンプラス(Balagopal Mayampurath)は語っています。「この製品は、第1世代のサラウンドビューシステムの設計を簡素化し、次世代システムへのシームレスな移行を可能にします」 。

供給体制および単価

  • 56ピンTQFNおよびQFNDパッケージ(8mm x 8mm)で提供されます。
  • -40℃~+105℃の温度範囲で動作します。
  • AEC-Q100認定製品が利用可能です。
  • SoCプロセッサを備えたEVキットが利用可能です。エコシステムパートナーとともに開発したADAS専用のリファレンスデザインが利用可能です。

Maxim Integratedについて

Maximはアナログインテグレーションのリーダーです。モバイルから産業用ソリューションまで、Maximはアナログ半導体をより小型で、スマートで、エネルギー効率に優れたものにしています。詳細については、http://www.maximintegrated.com/jpをご覧ください。

サラウンドビューの設計時間を短縮しコストを削減するADASデシリアライザ
ダウンロード: RGB  |  CMYK

Related Resources
MAX9286
MAX9286 クワッド1.5Gbps GMSLデシリアライザ、同軸またはSTP入力およびCSI-2出力

お問い合わせ先
マーケティングコミュニケーション
PR-Japan@maximintegrated.com