ニュースリリース

Maxim、ウェアラブルの開発を加速する業界初のガルバニック皮膚反応のリファレンスデザインを発表

モバイル医療機器やフィットネスアプリケーションのガルバニック皮膚反応検出の精度、ダイナミックレンジおよび消費電力を改善するMAXREFDES73#

カリフォルニア州サンノゼ2015年5月19日(現地時間)—Maxim Integrated Products, Inc. (NASDAQ:MXIM、以下Maxim)のMAXREFDES73#リファレンスデザインを使用すると、ウェアラブルの開発者はガルバニック皮膚反応(GSR)検出を直ちに評価することが可能になります。

MAXREFDES73#の詳細について: www.maximintegrated.com/jp/design/reference-design-center/system-board/6147.html

センサーの設計を完了する前に、設計者は複数の個別チップと較正ソフトウェアを扱う必要があるため、GSR (皮膚の導電率の測定)を適用するのは難しい作業です。MAXREFDES73#は、デジタル-アナログコンバータ(DAC)とアナログ-デジタルコンバータ(ADC)、高度なパワーマネージメントを備えたマイクロコントローラ、ファームウェア、および使いやすいAndroid®アプリを内蔵した、業界初のGSRリファレンスデザインです。ウェアラブルの設計者は開発とテストの時間を短縮し、モバイル医療およびフィットネス製品を短期間で市場投入することが可能になります。MAXREFDES73#はリストバンド形状で提供され、体温測定器、Bluetooth®通信、および1回の充電で最大1週間持続する充電可能バッテリを内蔵しています。

主な特長

  • 市場投入までの時間を短縮:内蔵のDACおよびADCシグナルチェーン部品、低電力マイクロコントローラ、外部BluetoothおよびAndroidアプリ、およびファームウェアコンポーネントによって設計の開発とテストを迅速化
  • 高精度:16ビットアナログフロントエンド(AFE)内蔵
  • 低消費電力:1回のバッテリ充電で1週間動作

コメント

  • 「我々は受賞歴のあるウェルネスマイクロコントローラのMAX32600をベースにMAXREFDES73#を開発し、高集積リファレンスデザインをウェアラブルの開発者に提供します」と、Maximの医療用マイクロコントローラ担当ビジネスマネージャであるセス・メシマー(Seth Messimer)は語っています。「内蔵コンポーネントを完備しているため、お客様の作業はすでに80%が終わっており、設計と評価の時間を短縮することができます」。

供給体制および単価

すべての商標はそれぞれの所有者の登録商標です。

Maxim Integratedについて

Maximはアナログインテグレーションのリーダーです。モバイルから産業用ソリューションまで、Maximはアナログ半導体をより小型で、スマートで、エネルギー効率に優れたものにしています。詳細については、http://www.maximintegrated.com/jpをご覧ください。

ウェアラブル設計のGSRセンサーのより高速・高精度のテストを可能にするMAXREFDES73#
ダウンロード: RGB  |  CMYK

Related Resources

お問い合わせ先
マーケティングコミュニケーション
PR-Japan@maximintegrated.com