マキシムは、デジタル情報を物理的モーションに変換するモーション制御ソリューションを提供するTrinamic社を買収しました。Trinamic社のモーション制御の専門知識とマキシムのアナログ処理技術および電源設計のスキルは、新しいクラスのインテリジェントアクチュエータを実現します。これによって、エッジにインテリジェンスを提供しIndustry 4.0の約束を実現するお客様の能力が拡張されます。

Trinamic社の最新式のIC、モジュール、およびPANdriveスマートモーターは、今日のソフトウェア技術者が効率的、スムーズ、および静音の高精度ドライブを迅速かつ高信頼性で開発することを可能にします。柔軟で使いやすいツールキットによって、世界で最も強力な技術を非常に容易に使うことができます。Trinamic社がモーション制御を担当するため、自分で処理する必要はありません。

  • この業界トップクラスの機能によって、より静かに動作しながら最もスムーズな動きを提供するモーターが実現します。
  • ストール検出などの高度な診断機能の内蔵および省電力モードの向上によって、インテリジェントなモーター動作が可能になります。
  • Trinamic社のステッパ、ブラシレス、およびブラシDCモーター製品のポートフォリオは、マキシムの強力な通信およびデジタル/アナログ入出力のポートフォリオを補完します。これによって完全なシステムソリューションを提供することが可能になり、産業およびビルオートメーションにおける能力が向上します。

Trinamic社の詳細はこちら ›
マキシムの産業用ソリューションを参照 ›