Vivek Jain

シニア・バイス・プレジデント
技術・製造グループ統括

Vivek Jainは、技術・製造グループのシニア・バイス・プレジデントである。技術・製造グループには、プロセス開発部とすべての製造部門が所属している。

Jainは、2007年4月にファブ部門のバイス・プレジデントとしてマキシムに入社し、2009年に製造事業部のシニア・バイス・プレジデントに就任。マキシム入社以前はサンタクララにあるIntelの技術開発および製造ファシリティの工場長を務めていた。彼はこれまでに、プロセス技術と半導体デバイスの信頼性および性能に関する30編以上の論文を発表している。また、半導体技術の分野で10件以上の特許を保有している。

Jainは、ニューデリーのインド工科大学で化学工学の理学士号(BS)を、ペンシルベニア州立大学で化学工学の理学修士号(MS)を、そしてスタンフォード大学で電気工学の理学修士号(MS)をそれぞれ取得している。また、2014年には、スタンフォード大学院のビジネス・エクゼクティブ課程を修了している。