David Loftus

バイス・プレジデント
ワールドワイド・セールスおよびマーケティング

David Loftusは2015年にワールドワイド・セールスおよびマーケティング部門のバイス・プレジデントとしてMaximに入社。営業、カスタマーオペレーション、フィールドアプリケーションエンジニア、販売代理店、およびマーケティングを含むマキシムのカスタマー対応組織の責任者を務めている。

Maxim入社の直前まで、Loftus自身がアトランタで創業した経営コンサルティング会社であるWorldwide Insightsを率いていた。それ以前は、Cypress SemiconductorとIntersil Corporationのワールドワイド・セールス部門を統括していた。Intersil社の在任以前は、17年間Xilinxに所属し、Spartan製品部門のバイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャーを務め、その後同社のアジア太平洋地域の事業担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターとして3年間で当該地域の収益を倍増させた。

ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)にて電気工学の学士号(BS)と経営学修士号を取得している。