Christopher J. Neil

シニア・バイス・プレジデント
ニュー・ベンチャー担当

Chris Neilは、マキシムの中核的ビジネスである半導体およびノウハウを活用した新しいビジネスの調査、準備、および構築を任務とする新しい組織であるニュー・ベンチャー担当シニア・バイス・プレジデントを務めている。

現職に就任する以前は、インダストリアルおよびメディカル・ソリューション・グループ(IMSG)を統括し、エネルギー、ヘルスケア、ファクトリー・オートメーション、金融端末、およびセキュリティの各ソリューションを担当。これらのソリューションには、スマートメーター、超音波水流計、ウェアラブル・メディカル/フィットネス機器、モバイル・ポイント・オブ・セール端末、micro-PLC産業用制御システム、ワイヤレス・センサー・ネットワーク、およびその他のIoT機器用のリファレンス・プラットフォームの開発が含まれている。IMSG在籍中には、セキュア産業用制御プラットフォームの開発を専門とするマキシムの完全子会社であるBedrock Automationのインキュベーション・ファンディングを担当した。

1990年にマキシムに入社し、2006年にバイス・プレジデントに就任。マサチューセッツ工科大学で電気工学学士号(BSEE)と電気工学修士号(MSEE)を取得している。