Bryan J. Preeshl

バイス・プレジデント
品質部門

Bryan Preeshlは、1990年に不良解析のシニアエンジニアとしてマキシムに入社し、2010年に品質担当バイス・プレジデントに就任するまで、品質部門において様々なマネジメント職を務めた。Preeshlは製造品質、信頼性、不良解析、文書管理および世界中のカスタマー品質部門を統括している。国際的レベルの品質・信頼性プロセスを構築し、マキシムの継続的な品質改善への取り組みに関する責務を担っている。

マキシムへ入社する以前、Preeshlはナショナル・セミコンダクター、ZyMOS、モノリシック・メモリーズ、アドバンスト・マイクロ・デバイセズで品質関連の任務を歴任した。アリゾナ州フェニックスのデブライ工科大学で電子工学の学位を取得している。