ヘルスケアのためのアナログインテグレーション

electronica 2014

インテグレーテッドヘルスケアソリューションに注目が集まりました。その代表が、マキシムの新型Fit 2ウェアラブルECGシャツ、ウェルネスウォッチ、NFC体温パッチ、およびBluetooth®パルス酸素濃度計パッチなどの新しいウェアラブル機器です(イベントでのデモのハイライトをご覧ください)。

以下では、次回のウェアラブル設計をより素晴らしいものにする方法を示します。最初に、ソリューション概説「医療用ウェアラブルデザインへの新しいアプローチ」をお読みください。

electronicaに出展されたマキシムのソリューションの詳細をご覧ください。

マキシムのデザインパートナーについて

デザインパートナーになることをご希望の場合は、こちらからお問い合わせください(英語のみの対応)。

ソリューション概説
医療用ウェアラブルデザインへの新しいアプローチ


ウェアラブル市場は、2016年には156億ドル規模に達すると予想されています。そこに参入し、ヒット製品を設計するにはどうすれば良いでしょう?

この概説では、以下の内容について説明します。

  • パワーマネージメントインテグレーションの新しい革新によるバッテリ寿命の大幅な延長と、充電または交換までの動作時間の増大
  • 暗号、バルク暗号化、タンパー検出、IP保護など多くの機能をウェアラブルに適したサイズで実現可能にしているセキュリティの進化
  • より小型のスペースでソリューションを実装し、真にウェアラブルな電子機器の開発を可能にする、センサー、高精度アナログ測定、およびメカニカルデザインのインテグレーション

ソリューション概説をダウンロード (PDF) ›