エネルギーのためのアナログインテグレーション

electronica 2014

インテグレーテッドエネルギー製品に注目が集まりました。マキシムの超音波流量計などの革新的製品がその例です(イベントでのデモのハイライトをご覧ください)。

以下では、独自のエネルギーデザインをより短時間で市場に投入するにはどうすれば良いかを示します。最初に、マキシムのホワイトペーパー「Internet of Everythingにおける水と電力」をお読みください。

electronicaに出展されたマキシムのソリューションの詳細をご覧ください。

配電オートメーション

8チャネル同時サンプリングアナログフロントエンド
MAXREFDES30 購入 ›

ECT/EPT電流フォルトセンサー
MAXREFDES38 購入 ›

ホワイトペーパー
Internet of Everythingにおける水と電力

新しいセンサー技術を含むアナログの革新によって、IoT (モノのインターネット)は急速に進化しています。しかし、そこから利益を得るには、その力を使用してお客様が自分のリソースを管理する手助けをする必要があります。このソリューション概説では、順を追ってその方法を説明します。

  • 自社のIoTが地域のポリシーによって推進され、将来性があることを確認する方法
  • 市場を下から動かしている消費者主導化を利用する方法
  • IoTを有意義なものにする3つの限られたリソースを理解することによって、お客様にとっての価値を最大化する方法

ホワイトペーパーをダウンロード ›